なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【本店限定】寸八ハルピン」@ハルピンラーメン 本店の写真12月某日、昼、本日は諏訪では今年最後となるゲンバ仕事。お楽しみの昼ラーに「麵屋 しるし」に突撃しようと思ったが、既に昼営業がビミョーな時間。そこで突撃したのはこちらの店。

何と言っても、諏訪を代表とするB級グルメラーメンの総本山。かつてはここでしか食えなかった「ハルピンラーメン」も、今では松本平にも2店舗出来て身近で食える様になったが、やはり本店は一味違うのだ。

14:15着、先客8名、カウンター席に着座、後客6名。取りあえずメニュー検討、すると「おかげさまで45周年」と言う事で、期間限定の‘寸八ハルピン’(850円税込)なる品が壁に貼られている。気になるのでこれでイク。

給料日前で財布が乏しいからして「大盛り」はスルー。こちらの品、「寸八の豚骨スープでハルピンら~めんを作りました!!」とあり、「本店のみの販売となります。」との事。おやっ?いつか「ハルピンラーメン 松本並柳店」で「家系豚骨醤油」のハルピンを食った事があるが、それとは違うのだろうか?そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、ホウレンソウ、キャベツ、ノリ3枚、刻みネギが、茶濁した豚骨醤油スープに乗っている。

先ずはこちらの店でのルーチンである天地返しをしてスープから。やはり丼底にはハルピンダレ特有の昆布や唐辛子片などが認められ、豚骨醤油のテイストの中にも辛味、甘味、旨味が複雑に絡み合った甘辛スパイシーなテイスト。豚骨ベースでの動物感ある豚コクの中に摩訶不思議的ハルピンの主張がが味わえる。合わせられた醤油のカエシはチョイとショッパー、しかしながら家系豚骨醤油のテイストがあるので問題無し。確かに家系豚骨醤油スープとハルピンスープとの合体で確かに「ハルピン家系スープ」の味わいがある。実に美味いプチ・スパイシーな豚骨醤油スープである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった太麺。茹で加減硬めが良く、コシのあるモチモチとした食感がイイ。スパイシーな豚骨スープも拾って来て「家系」っぽい味わいのある実に美味い麺である。「大盛り」に出来なかった事がチョイと悔やまれる。

具のチャーシューは大きめな豚ロースチャーシュー。薄味付けで柔らかく、豚肉の旨味が味わえて美味い「ハルピン」のスタンダードなチャーシューである。ホウレンソウは家系のお約束、しっとりしていてイイ。キャベツは肉厚で柔らかパキバキ。そのままでもイイし、スープに浸してしんなりとなっての甘味が出て食うのもイイ。ノリは磯風味あり。そのまま食ったり、麺を巻いて食ったりと楽しめる。刻みネギの薬味感は良好に効いていてイイ。

スープ完飲。諏訪での今年最後になるであろう昼ラーに突撃したこちらの店での「寸八ハルピン」。それは「ハルピン45周年」を記念しての文字通り「らあめん 寸八 総本店」とのコラボラーメンで、家系豚骨醤油らしい味わいと摩訶不思議的味わいの「家系」と「ハルピンダレ」が合体した、まさしく「ハルピン的家系インスパ」の味わいで美味かった。しかしながら、「家系」なのか「ハルピン」なのかのテイストがビミョー。また、「本店のみの販売」とあったが、哀しいかな我が駄舌ではかつて「ハルピンラーメン 松本並柳店」で食った「濃厚豚骨醤油」との差別化が判らなかった、、、

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 10件

コメント

チャーチル・クロコダイルさん、こんにちは。

なんと、ハルピン+家系コラボですかー。
具の構成は確かに家系のそれですね。これはライスと一緒に食べてみたいメニューかも。
最近のハルピンはいろいろ多角化したメニューを提供しているんですね。

ぬこ@横浜 | 2019年1月15日 18:58

ぬこ@横浜さん、コメントありがとうございます。

見た目はまんま家系ですが、しっかりとハルピンテイストも味わえる、
と言う一杯で、ベースに人気店「らあめん 寸八 総本店」があるだけに美味かったですね。
本店は他の新味店と違ってメニューを絞ってるんですが、たまの限定もイケます、、、

チャーチル・クロコダイル | 2019年1月17日 18:58