なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「豚骨醤油らあめん 〈中〉 +味玉:サービス券」@らあめん 寸八 総本店の写真12月某日、昼、本日は2018年も残り5日を残すばかり、そんな中、朝から松本のオフィスにてデスクワーク。午後から諏訪にて我が上官と落ち合うアポがあるからして、その前の昼ラーに突撃したのはこちらの店。

ウリの「家系インスパ」を筆頭に、支那そば、つけ麺、油そばなど多彩なメニューをラインナップし、松本でも屈指の行列店。こちらの店も今年最後となりそうなので、久しぶりにウリの「豚骨醤油」を狙うつもり。

11:20着、外待ち3名に接続、開店と同時にカウンター席に着座、後客15名以上。ほぼ3か月ぶりの突撃となったが、いつの間にか「らあめん 寸八 総本店」の看板が掛かっている。メニューは基本的には変わっておらず、狙いの‘豚骨醤油らあめん 〈中〉’(800円税別)でイク。

注文時、今回の「FREE BOOK」からこちらの店でもサービス券が使える様になったからして「味玉」をトッピ、好みを聞かれ「全部普通」でオーダーする。「総本店」となったが、店内特に変わった様子は無い。ググってみると、厨房器具を入れ替えた模様。「はち」「自家製麺 らあめん 寸八」「豚骨らあめん専門店 とんこつ家ZUN」等々と出店しているので、「総本店」も良いだろう。そして待つ事そして5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、ホウレンソウ、キャベツ、ノリ3枚、刻みネギ、そして味玉が、豚骨醤油スープに乗っている。

スープから。チー油の浮く豚骨主体のスープは炊き出し感はありながらも、比較的マイルドな豚の旨味とコクに包まれ、動物感のあるテイスト。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度は適宜で、醤油感も家系としては「家系総本山 吉村家」の様なキリッと締まったショッパーさではなく、さりとて変にクリーミーでも無いマイルドな効かせ方。課長のウマミも程良く、万人受けのするテイストの豚骨醤油スープである。「寸八」らしい実に美味いマイルド豚骨醤油スープである。

麺は断面四角のほぼストレートの太麺。以前に比べて心なしか短めになった様な気がしなくも無い。尤も家系らしいテイストにあるが。茹で加減やや硬めが良く、奥歯に吸い付く様なモッチモッチ感は健在で、小麦の味わいも味わえる。イイのだ。実に美味い麺である。

具のチャーシューは豚バラ煮豚チャーシュー。柔らかなプルプルとした肉質感があり、脂身はジューシー。うっすらと醤油ダレの滲みた味付けが好みで美味い。古くから松本では「凌駕 IDÉA」と並ぶ煮豚チャーの私的名品である。ホウレンソウは柔らかしっとりで美味い。キャベツはパリパリ、やがてスープに浸しておくとスープ熱でほだされてしんなりと柔らかくなって甘味が出てくる。ノリは磯の香りが極めて高い。そのまま食うのも麺を巻き込んで食うのもイイのだ。刻みネギの薬味感は希薄。味玉は薄醤油の味付けが黄身まで滲みていて美味い。

スープ完飲。昼ラーに突撃したこちらの店での「豚骨醤油らあめん」。知らん間に店名が「総本店」を名乗っていたが、ウリの一杯はまろやかな豚骨ベースのスープに、これまたマイルドな醤油感を引き出したカエシによって旨味たっぷりの家系豚骨醤油ラーメンのテイストは変わらず、間違い無く松本では王道の家系インスパラーメンの味わい。来年も「限定」目当てを含めて定期的な突撃は間違い無い、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 65件

コメント

まだコメントがありません。