なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「本黒味 :バリかた +替玉:粉おとし」@きまぐれ八兵衛の写真12月某日、夜、本日は2018年の仕事納めも無事に終わり、明日から始まる年末年始の9連休にチョイとウキウキ。今宵はヨメがいないので帰ってきた娘1号と夜ラーに出撃したのはこちらの店。

豚骨大好き「豚野郎」としては本場博多の九州ラーメンのテイストが味わえる大の贔屓店。今年最後の〆ラーメンとなるであろう一杯はこちらで決めておきたい。

19:10着、先客10名、二人してテーブル席に着座、後客10名くらい。早速メニュー検討、ここは基本である「本味」から‘本黒味’(730円税込)でイッテみる。おニーちゃんを呼んで、麺の硬さを「バリかた」でオーダーする。

こちらの博多系には今回の「本味」と比較的最近の「新味」がある。「本味」は「創業当時より続くきまはちの代名詞的メニュー濃厚豚骨味」と言う品で、「新味」の鶏ガラなどを交えたスッキリテイストの豚骨よりも、より本格的な豚骨ラーメンのテイストが味わえるので好みの品。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、キクラゲ、刻みネギが、重油の様に真っ黒なマー油のかけられた豚骨スープに乗っている。

スープから。泡立ち、濁々さのある豚骨スープは、軽度のとろみを有した「本白味」で、豚骨の濃厚な炊き出し感に満ちており、豚クササを残したエキス感がたっぷりと味わえる。そこに多めに張られたマー油が交わり来ると、プチ・ビターな芳ばしいガーリックの風味とコクが加わって濃厚な豚骨テイストがキリッと引き締まる。合わせられたタレの塩分濃度もやや高めで、濃厚な豚の旨味をキッチリと押し出している。このライトビターな濃厚豚骨スープも力いっぱい美味いのである。

麺は断面丸めのストレートな細麺。加水率少なめの所謂博多麺で、今回は「バリかた」での茹で加減硬めが良く、ホギホギの食感が実にイイ。小麦の味わいも十分に味わえる。いつもの実に美味い自家製麺である。

具のチャーシューは豚ロースチャーシュー、チョイと小ぶりであるが、豚の旨味を味わえる。キクラゲは千切りでコリコリとしたの歯応えがイイ。やはり豚骨にはキクラゲが合う。刻みネギも割と多めにあるので薬味としてキッチリと効いている。

途中で「替玉」(100円)をお決まりの「粉おとし」でコール。15秒ほどで到着。今宵はコワいヨメがいないからしていつもの「辛子高菜」の替わりに、卓上にセットされているニンニク玉のデカいヤツをクラッシャーで潰し入れる。フレッシュなニンニクがスープ一面に拡がって、ニンニクパワーが全開。凄くイイのである。

スープ完飲。今年最後となる一杯として娘1号と突撃したこちらの店での「本黒味」。それは豚骨の炊き出し感たっぷりの豚クササを孕んだ豚骨スープに、マー油を合わせたプチ・ビターな博多豚骨ラーメンで実に美味かった。今回は鬼ヨメがいない事をイイ事に「替玉」をクラッシャーで卓上の生ニンニクをたっぷりと絞り入れてガッチリとイケたのも良かった。来年もこちらの本店と2号店の「信州麺屋 きまはち商店」で、本場の豚骨スープにダイブしたい、、、

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 65件

コメント

チャーチル・クロコダイルさん、こんにちは。

こちらのお店、こういう九州豚骨や豚骨醤油、つけ麺などいろいろな引き出しがありますが
やはり基本の九州豚骨系が美味いからこそ、というのがあるのですね。
にんにくクラッシャーで潰したフレッシュ生にんにくが投入できるのもいいですね~

ぬこ@横浜 | 2019年1月20日 10:15

ぬこ@横浜さん、コメントありがとうございます。

こちらの豚骨、適度な豚クササを孕み、濃厚なのでイチオシの一杯です。
おっしゃる通り、こちらの豚骨ベースはハズレがありませんね。
怖いヨメのいない時だけイケるニンニククラッシュは最高です、、、

チャーチル・クロコダイル | 2019年1月21日 20:06