なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「濃厚のどぐろ白湯ラーメン」@スシロー 安曇野穂高店の写真12月某日、夜、本日は娘2号も帰って来て、久しぶりに家族全員が揃ったので、棒茄子も出た事であるからして、夕飯に恒例の回転寿司に突撃する事に。進撃したのはこちらの店。

我が家で回転寿司と言えば大概「無添 くら寿司 松本渚店」であったのだが、ここのところ娘1号の携帯アプリを利用してこちらに行く機会が続いている。まあ、私的にはどちらでもイイのだ。

19:00着、先客たくさん、四人してテーブル席に着座、後客たくさん。年末の週末もあり、スタンバイスペースは満員の盛況であるが、アプリの予約で直ぐに着席出来るのはイイ。取りあえず好きな寿司をレーンから取ったり、端末でオーダーしたりと食い進める。

好みのネタを10皿くらい食った後、お決まりの〆ラーをイク。端末で見ると前回無かった‘濃厚のどぐろ白湯ラーメン’(330円税別)が気になる。何たって「のどぐろ」なんぞを食った事が無い。そこでこれを発注、待ってる間にググってみると「のどぐろのアラからとった出汁と鶏白湯のWスープ」と言う事。ううっ!鶏白湯だったのか!!と、思っても時すでに遅し、注文しちまった。まあ「のどぐろ」の興味には抗えん。そして待つ事10分、レーンにて登場。

ビジュアルは、のどぐろ2切れ、白髪ネギと刻みネギが、鶏白湯スープに乗っている。例によって小ぶりな椀にて供される。

スープから。白濁したスープは如何にも鶏白湯らしい見た目であるが、予想に反して鶏のクサミが無い。これはイイ意味で鶏白湯苦手な私的にはウェルカム。我が駄舌では業務用豚骨スープ、と言って出されてもクリーミーで美味い、と言うだろう。そしてもう一方のWスープののどぐろのアラ出汁は、そもそものどぐろ自体を食った事が無いから良く判らん。少なくとも生臭さは無い。カエシの塩分濃度も適宜で、「濃厚」さは無く、クセの無いマイルドな鶏白湯スープである。

麺は断面長四角のちぢれのある平太麺。こちらのラーメンに共通の加水のある麺で冷凍チルドと思われるが、茹で加減やや硬めが良く、ムチムチとした食感は悪く無い。例によって少な目の麺量が寿司の〆には丁度イイ。

具ののどぐろは小ぶりで軽く炙りが入ってる。人生初めて食う高級魚と認識しているのどぐろはチョイと塩味があり、白身の脂の乗りも感じられる。クセも無く、普通に美味い。白髪ネギと刻みネギの2種のネギ薬味は良好に効いている。

スープ完飲。家族で突撃したこちらの回転寿司での〆ラーで見つけた「濃厚のどぐろ白湯ラーメン」。それは長い人生でも食った事の無い「のどぐろ」入りと言う事で、興味があって食ったのだが、スープの出汁感は判らなかったが、具の切り身は少な目ながらもクセが無くて美味かった。何よりも心配していた鶏白湯のスープもクセが無く一安心で普通に美味い一杯であった。昨日の「きまぐれ八兵衛」での一杯が今年最後の〆ラーと思っていたが、こちらの回転寿司での〆ラーが2018年の〆ラーとなった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

まだコメントがありません。