なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「味噌ラーメン (大盛り) ※豆板醤カスタマイズ」@テンホウ 松本渚店の写真1月某日、昼、本日は松本のオフィスにてほぼ午前中は今年初のスカイプ全国総合朝会。2019年も今のところは気持ち新たに、の志はあるものの、そのモチベーションが続かないのが毎年の事。そして同僚とお楽しみの昼ラーに突撃したのはこちらの店。

先日、今年の初ラーで突撃した「テンホウ 梓川店」で貰ったお年玉のテンホウ全店で使える50円引き券かあるからして使ってみる。

11:40着、先客6名、四人してテーブル席に着座、後客20名くらい。先ずはメニュー表検討、冬だからしてますます美味くなる好みの‘味噌ラーメン’(510円税込)を「麺大盛り」(100円)でイッテみる。今回は卓上にセットされている「特製豆板醤」で「スパイシーバージョン」としてイッテみたい。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、モヤシ、ワカメ、コーン、刻みネギ、そして大匙3杯投入した豆板醤が、味噌スープに乗っている。

先ずは特製豆板醤を良く溶け込ませてからスープから。赤茶色と化した味噌スープは、テンホウの特製豆板醤らしい旨味と辛味に包まれ、本来のうっすらとした動物系と魚介系のあっさりしたコクと信州味噌のまろやかな風味にスパイシーさが先行する。しかしながらこの「テンホウの豆板醤」、ただただ辛いだけでなく、旨味がたっぷりとある。従って、いつものあっさり味噌スープが、ウマ辛スパイシーな味噌スープに激変してイイのである。実に美味いから味噌スープである。

麺は断面四角のちぢれのある中細麺。茹で加減やや硬めが良く、コナモチとした食感がイイ。いつもの「テンホウ」のスタンダードな麺であるが、今回のスパイシー味噌スープとも良く絡むのである。なかなか美味い麺である。

具のチャーシューは豚バラチャーシュー、好みの脂身が意外とジューシーで美味かったりする。モヤシはしんなりシャクシャクかったりするで味噌スープには良く合う。ワカメも味噌スープには良く合う私的好みの品。コーンは普通に甘い。刻みネギの薬味感はまずまず。

スープはほぼ完飲。今年初の顔合わせでの朝会の後、今年初の「テンホウ」でイッた「味噌ラーメン」。今回は始めから「特製豆板醤」にてスパイシー仕様でイッタのだが、いつものあっさり味噌ラーが、ウマ辛な豆板醤のスパイシーテイストに覆われた味噌ラーメンに変化、まさに冬向きの味噌ラーに。タダでさえ好みのテンホウの味噌ラーメンがウマ辛になるのがイイのだ。この特製豆板醤、私的に「チャーメン」のスパイシー味変には欠かせないアイテムであるが、こちらの味噌ラーメンにもモノの見事に合致するのである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 83件

コメント

まだコメントがありません。