なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【限定】から玉たれそば :唐揚げ抜き&チャーシュー代替 ※㋗」@ハルピンラーメン 塩尻広丘駅前店の写真1月某日、昼、本日は午前中は松本のオフィスにて先期の報告書の仕上げと今期の企画書の仕上げでデスクワーク。午後からは諏訪の商談、その途中での昼ラーに突撃したのはこちらの店。

今年もグルメ情報誌「どうずら」でラーメン特集としてお得なラーメンにあり付ける号が発売され、こちらの店も対象なので突入する。但し、交渉が必要になる。果たして通してもらえるか?

13:50着、先客7名、カウンター席に着座、後客6名。早速おばちゃんに「どうずら」で‘から玉たれそば’(750円税込)が500円になるページを示してから、「唐揚げをチャーシューに変えられん?ダメなら抜きで」と注文。

こちらの品、通常メニューには無く、名前の通り、鶏のから揚げと玉子が乗った汁なしの「どうずら限定品」。我が宗教上NGの鶏肉がどど~んと乗っているので交渉してみた。すると「責任者に聞いてみます」と厨房へ。そして待つ事そして5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、モヤシ、ハルピンダレ、刻みネギが、汁なしの麺に乗っており、生卵の入った器が別に供される。本来はチャーシューの代わりに唐揚げが2~3個装備されるのだが、特別にチャーシューに代替がなっている。

早速マゼマゼしてからガシッとイク。底にも醤油ベースのタレが仕込まれている模様だが、かけられたハルピンダレが混ざり合うので、ハルピンらしい辛味、甘味、旨味などが混然一体となったピリ辛なテイストに全体が包まれる。しかしながら、「ハルピンラーメン」ほどのハルピンテイストの主張は無くマイルド。途中から生卵を溶き入れる。更にチョイとマイルドなので卓上の「ラーメン用のタレ」も2~3周回し入れてみる。すると生卵のコクと、味も濃い目となり、更にウマミが増して来る。なかなか美味いまぜそばである。

麺は断面四角のちぢれのある細麺。茹で加減やや硬めが良く、ツルパツとした食感がイイ。ハルピンダレも良く絡んで美味い。そして思いの外、麺量があり2玉はあろうかと思われるボリュームで、麺食いオヤジとしては大満足出来る。

具のチャーシューは、豚ロースチャシュー。薄切りながらも大きくて、薄味付けでの豚の旨味が楽しめる。モヤシはシャクシャク、柔らかい。ハルピンダレはこの汁なしのキモ、ハルピンテイストの源泉である。刻みネギの薬味感はまずまず。生卵もまったりとした玉子のコクを添加する。

もちろん完食。また始まったグルメ情報誌「どうずら」での500円パスポートに乗っかって突撃したこちらの店での「から玉たれそば」。それは本来ならば我が宗教上NGの唐揚げが乗った汁なしなのだが、チャーシューに代替えして貰え、ハルピンダレの旨味と玉子が絡んだ実に美味い汁なしだった。会計時におばちゃんに代替してくれた礼を言うと、「今、責任者がいないので今回だけ」と言う事。店の計らいに感謝である、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 16件

コメント

まだコメントがありません。