なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【福岡】博多純情ラーメンShin-Shin 煮卵入りらーめん」@博多ラーメン Shin-Shin 福岡物産展の写真長野東急百貨店で開催中の「福岡物産展」にお邪魔いたしました。よかもん!うまかもん!大集合と題された福岡の名産品が一堂に会しておりました。その中でイートインできたのがラーメン店で出店の「博多純情ラーメンShin-Shin」さんのブース。そういえば何気に昼飯まだだったのでこの際食べちゃえ!とばかりにこちらに立ち寄りました。屋台から生まれた真心な一杯で食べやすく誰にでも愛される純情な豚骨ラーメンなんだとか。さっそく注文し(仮カウンター席へ案内される。意外と早い提供で5分もしないうちに提供となりました。先ずはスープひと啜り!伝統的な博多ラーメンの製法に加えてスープの達人『吉田』の長年の経験による味と店主『中牟田』の屋台叩き上げの味を組み合わせ、創意工夫して作り上げあげているんだとか。国内産を中心とした豚骨と佐賀県の銘柄鶏『ありたどり』のガラ、地元九州の香味野菜などを炊き上げるのだそうだ。豚骨の臭み(エグミ)がそれほど強くないマイルドな豚骨スープで飲みやすい仕上がりであります。
麺は、博多・長浜ラーメン独特の激細麺ストレート。川部食品さんとの共同開発のオリジナル麺なんだそうだ。特に硬さはお願いしなかったのだが、自分の好きな硬めの茹で方がとても良くつるつるとしたのど越しと少し粉っぽいパツパツとした食感がまた素敵!「茹で伸び」を抑えることができる小麦粉を厳選、そして独自の製法で最後まで美味しく召し上がっていただけるのが特徴の麺なんだそうだ。ですから、最後まで柔らかなくなり過ぎなく美味しく頂け、スープとの相性もいい麺であります。
トッピングには、きくらげ、煮玉、チャーシュー、青ネギ、で博多ラーメンの基本的な装いでテーブルの上には自由に紅ショウガ、ニンニクおろし、白ごま、食べるラー油等が用意されていました。高菜漬けが無かったのが少し残念!
現地長浜ラーメンを食べたときのことを思い出させる美味しいラーメンでした。ごちそうさま^^

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。