なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【限定?】豚バラ丼とラーメンセット」@テンホウ 松本渚店の写真1月某日、昼、本日は松本のオフィスにてミーティング。世間では例年以上にインフルエンザが猛威を振るっており、本日も我がチームのおねーさん含めて3名が体調不良で休んでいる。私としては一昨年に25年ぶりに罹ったので多分今年も大丈夫だと信じたい。

そんな中、同僚と昼ラーに突撃したのはこちらの店。まだお年玉での50円割引券があるので使っておく。これを使って体力維持にチョイとガッツリとイクのもイイかも。

11:30着、先客2名、二人してテーブル席に着座、後客15名くらい。取りあえずメニュー表検討、するとチョイとガッツリとした限定メニュー表(メニュー写真)を発見。その中でトップの‘豚バラ丼とラーメンセット’(740円税込)が良さ気なのでこれを注文。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、ワカメ、コーン、刻みネギが乗った醤油スープに乗っている。そして豚バラ丼には豚バラ焼肉、タマネギ、刻みキャベツ、刻みノリが認められ、傍らには紅ショウガの小皿が供される。

スープから。サイトによるとガラだしのスープは豚のゲンコツと鶏ガラベースと言う事。チェーン店故にセントラルキッチンスープであるが、極々あっさりとした動物感のあるベーススープである。加えてサンマ節も合わせられている模様であるが、我が駄舌ではあまり魚介は拾えないる合わせられた醤油のカエシの塩分濃度は適宜で、まろやかな醤油感がある。そこに野菜由来の仄かな甘味も味わえる。すっきり、あっさりとしたテンホウの醤油スープである。

麺は断面四角のゆるいちぢれのある中細麺。中加水の麺で、茹で加減やや硬めが良く、ツルモチとした食感がイイ。安定のテンホウの中華麺である。

具のチャーシューは豚バラロールチャーシュー、小ぶりではあるが醤油ダレが滲みたなかなかに美味いチャーシューである。メンマも薄醤油の味付け、サクコリとした食感がイイ。ワカメは好みの装備、独特の磯の旨味を味わえる。コーンはそれなりに甘味があるが、私的に醤油スープには無くてもイイ装備。刻みネギの薬味感はまずまず。

豚バラ丼の豚肉はやや硬めの肉質で、タマネギと煮込まれた薄甘醤油味のショウガ焼きと言った味付け。紅ショウガを乗っけ、刻みキャベツと一緒にイクとイケる。但し、私的好みの脂身が少なく、もっとジューシーならイイのだが。

スープは少しだけ残し。いつものテンホウでイッた「豚バラ丼とラーメンセット」。「豚野郎」としては好みのバラ肉で期待したが、チョイと硬めの肉で好みの脂身が少なくチト残念。ラーメンもあっさり目のテンホウの醤油ラーメンで、豚バラ丼とのセットでガッツリとイケたのはイイのであるが、実は私的には「テンホウの醤油ラーメン」だけはあっさりし過ぎでチト物足りなさが残るのである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 83件

コメント

まだコメントがありません。