なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン 中盛り」@ラーメン将太の写真1月某日、夜、本日は松本でのミーティングを終えてから、松本での商談の後、インフルで倒れた我がチームのおねーさんの代わりに駒ヶ根での打ち合わせに飛ぶ。終了後、遅くなるのでこちらで夜ラーとする。

先ずは「ぐぅでん」に突撃も休日。伊那に入り「横浜家系ラーメン 喬」「原点」も共に休み。そこで突撃したのは伊那インター近くのこちらの店。かつての伊那担当時代には無く、初突撃をかけてみる。

19:15着、先客3名、カウンター席に着座、後客3名。先ずはメニュー表(メニュー写真)検討、ここは看板メニューと言う「豚骨醤油」から‘ラーメン’(750円税込)を腹ヘリなので「中盛り」(150円)でイッテみる。

こちらの店、ググってみると「らーめん大将」の姉妹店らしい。とすれば、「豚骨醤油」にはある程度は期待出来そう。また「大量のゲンコツと背ガラ、鶏ガラでとる深みのあるスープは家系に近くクセになる味わい」とある様に、家系インスパの模様。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、ホウレンソウ、キャベツ、ノリ3枚、刻みネギが、豚骨醤油スープに乗っている。

スープから。結構アツアツのスープで軽く舌先がヒリつくが、寒い夜には持って来い。うっすらとチー油浮きのあるスープは、豚骨の炊き出し感はそれなりにあるものの、その豚骨感はやや薄めでマイルドな動物感である。合わせられたカエシの塩分濃度は適宜で、カドの無いまろやかな醤油の味わい。課長のウマミもあり悪くは無い。印象としてはマイルドな家系豚骨醤油スープで美味いのである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった中太麺。家系としては細目の麺である。茹で加減等の指定は無いが、茹で加減やや硬めが良く、モチモチとした食感がイイ。なかなか美味い麺である。「中盛り」の麺量もまずまず。

具のチャーシューは豚ロースチャーシューで、薄味付け。やや硬めだが、スープに浸しておくと柔らかくなって美味い。ホウレンソウは家系のお約束、チト少な目で柔らかめの歯応え。キャベツは信州の家系にはお馴染みの装備だが、こちらもチト少な目。柔らかな甘味はある。ノリの磯風味はまずまず。刻みネギの薬味感は希薄。

スープ完飲。インフルに倒れた我がチームのおねーさんに替わり駒ケ根での打ち合わせの後の夜ラーに、いくつかのラーメン店にフラれた後に突撃したこちらの店での「ラーメン」。それは典型的な家系インスパ豚骨醤油ラーメンで、豚骨感はマイルドながらも家系のテイストは味わえて美味かった。ただ残念だったのは後客のねーちゃんの甘ったるい香水のニオイがメチャクソきつくて閉口した。いつも思うのだが、マジで「香水つけてのラーメン店立ち入り禁止法」の法制化を切に望みたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。