なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【限定?】やみつき(みそ) +餃子:10円サービス券」@くるまやラーメン 松本渚店の写真1月某日、昼、本日は松本のオフィスにてのミーティング。午前中に支社長を迎えての支社朝会を終え、後輩と昼時になっての昼ラーに突撃したのはこちらの「くるまや」。

やはり冬には「味噌」という事で、我がラーメン史上でも外せない私的味噌ラーメンの名チェーン店。正月の新聞広告にあった今月末が期限である「餃子10円券」もあるからして使っておく。

11:40着、先客7名、二人してテーブル席に着座、後客10名以上。早速メニュー検討、すると過日突撃した「くるまやラーメン 下諏訪店」にもあった「ぽっかぽか♪おすすめメニュー」(メニュー写真)を発見。そこで気になる‘やみつき(みそ)’(780円税込)を「餃子10円」と共に注文する。

今回の品、味噌ラーメンに「やみつきスパイス(エビ唐辛子)」なるトッピングが乗っている模様。それは能書きでは「今話題の予約困難な中華料理店青山シャンウェイのスパイスです」とある。店は知らんが、何だか美味そうだ。そして待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、やみつきスパイス、ネギ、モヤシ、ニラ、カイワレ、山椒粉が、背脂の浮く味噌スープに乗っている。餃子は5個で供される。

スープから。多めの背脂が浮く味噌スープは「くるまやのみそ」がベースで、「やみつきスパイス」からのエビの仄かな香りがふわりと香り立つ。そのスパイスがスープに交わると、エビの香ばしい香りのある辛味と「やみつきスパイス」由来のフライドオニオンと思しき甘味が混在するスパイシーさが絡んで、いつものニンニクが効き、課長のウマミがタップリの「くるまやのみそ」がワンステージ昇華した様な美味いが出て来る。これが何ともイイのである。実に美味い味噌スープを形成している。

麺は断面四角のちぢれのある太麺。茹で加減はやや硬めが良く、モチモチとした食感がイイ。ちぢれに「やみつきスパイス」も絡んで来る。安心のスタンダードな「くるまや」の太麺で美味いのである。

具のやみつきスパイスは干しエビやオニオンチップを唐辛子をまぶして揚げたスパイスで、カリカリ。ふんわりとした海老風味と辛味、香ばしいオニオンの甘味が味噌スープに効果的に働いている。メチャ美味いのである。ネギは何故か皮の部分が混じっていた。モヤシはシャキシャキの歯応えがイイ。ニラは例によって微量。カイワレはプチビターさがイイ。山椒粉は「やみつきスパイス」に埋没。

餃子は具がみっちりと入ってふっくらモチモチ。具は野菜がたっぷりで挽き肉もあり、キャベツの甘味がジューシーでニンニクも効いていて実に美味い。この10円は庶民にはアリガタイ。

スープ完飲。いつもの「くるまや」での昼ラーにイッた「やみつき(みそ)」。それは「くるまやのみそ」に「青山シャンウェイのスパイス」と言う「やみつきスパイス」をトッピングした一杯で、エビの香ばしさがふわりと香るスパイシーさが、ガーリックの効いた味噌スープにもマッチして実に美味かった。この「やみつき(みそ)」はイケるのだ。次回はもう一方の「しびれスパイス」を使った「しびれ(みそ)」でイッテみたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 85件

コメント

まだコメントがありません。