なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「辛みそビリー (大盛り:無料)」@凌駕 IDÉAの写真2月某日、夜、本日は二日間に亘った東京での休日から無事松本に着く。吉祥寺のショップ散策、都庁の夜景見学、品川での生ハム食べ放題、そしてお台場と楽しめた。そして夜ラーに突撃したのはこちらの店。

取り敢えず義母上様も一緒に、夕飯は何でもイイ、と言う事になったからして、それならばラーメンとなるのは必然の流れ。今度は女衆からの反対も無く突撃した次第。

20:10着、先客15名くらい、四人してテーブル席に着座、後客20名くらい。早速メニュー表検討、ここはロングドライブの疲れもあるのでシャキッとするべく‘辛みそビリー’(861円税別)を「大盛り無料」でイク。

こちらの品、移転前の「凌駕IDEA」では「限定」であったが、移転後のこちらではレギュラーメニューに昇格していた一杯。寒くもなって気にはしていたが、ほぼ3年半ぶりの再食となる。そして待つ事15分、着丼。

ビジュアルは、ほぐしチャーシュー、モヤシ、ニラ、刻みネギ、山椒粉が、真っ赤な味噌スープに乗っている。以前食った時の記憶より、赤みが増した気がする。

スープから。軽粘度のトロミのあるスープは、ベースの豚骨ベースのまったりとした動物感がたっぷりとあり、豚の旨味とコクが満載。その豚豚感に支えられた辛味噌の辛味と山椒のシビレが攻撃的に攻めて来る。辛味噌と言えば、こちらの「スーパーレッド」の辛味が呵責なき攻め方で来るのに対し、このビリーは旨味、風味あるシビレ、味噌のコクを伴うので実にイイのである。それにしてもシビレは兎も角、辛味がかなり手応え(この場合、口応え?)のあるスパイシーさで、以前に比べて辛味が強くなった様な印象。身体は正直でかなりの発汗を伴う。しかしながらストレスを抱く辛さでは無いのでグイグイとイケる。実に美味い辛味噌スープである。

麺は断面長方形の不規則なちぢれとねじれのある平打ち麺。茹で加減はやや柔らかめながらも、ピロモチとした食感は良く、スパイシーな辛味噌がちぢれとよじれに良く絡んで来る。実に美味い麺である。無料の大盛りも満足出来てイイのだ。

具のほぐしチャーシューは柔らかなほぐし豚で、味付けもしっかりとしていて美味い。モヤシはシャキシャキ、たっぷりとあって辛味の中のオアシス的役目。ニラはの薬味感は辛味とシビレにほぼ埋没。刻みネギの薬味は効いている。山椒粉は初期にふわりと香るが、やがてスープの辛味とシビレに埋もれる。

スープ完飲。2日間に亘る東京から帰還しての夜ラーに突撃したこちらの店での「辛みそビリー」。旧店舗で食って以来、久しぶりに対戦したのであるが、辛味噌の唐辛子の辛味と山椒のシビレのダブル・スパイシーパンチが効いたHOTな味わいが実に美味かった。何よりも唐辛子の辛味が以前よりもパワーアップした感があり、なかなかのストロングスパイシーさが良く、ラー辛党でも十分に満足出来る一杯。「辛みそビリー」、只モノでは無い、、、

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 23件

コメント

いつもながら、臨場感溢れる食レポ。大いに参考にさせていただいております。辛味噌ビリーはシビ辛系の先駆的メニューで最高です。

ジョウ五郎 | 2019年2月27日 22:04

ジョウ五郎さん、コメントありがとうございます。

この一杯、旧店舗で食った時よりも、辛味も旨味もグレードアップした感がありましたね。
こちらの店、私のラーメン人生で無くてはならない店のひとつです、、、

チャーチル・クロコダイル | 2019年3月1日 22:18