なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「本白味 :バリかた +辛子高菜(無料)」@きまぐれ八兵衛の写真2月某日、昼、本日は2月も最終日、営業車の点検でディーラーに寄る前の昼ラーに「三宝亭 安曇野店」で昼メシを食ったのだが、チョイと腹足しに突撃したのはこちらの店。

信州においても本場九州の博多ラーメンに引けを取らない本格的な豚骨が食える店。豚骨大好き「豚野郎オヤジ」としては店の前を通ったからには見過ごす訳にはイカンのだ。

14:25着、先客4名、カウンター席に着座、後客4名。取りあえずメニュー表を一覧、豚骨のみならず様様なヴァリエーションのラーメンが揃っているが、ここは基本の‘本白味’(680円税込)でイッテみる。

おねーちゃんにこれを「バリかた」でオーダーする。店内は相変わらず芳しい豚の香りに満たされている。卓上にはニンニク玉、紅ショウガ、辛子高菜などの味変アイテムが揃っており、今回は始めから「辛子高菜」でスパイシーにイクつもり。そして待つ事3分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、キクラゲ、刻みネギ、そして後から大匙3杯物ぶっ込んだ辛子高菜が、豚骨スープに乗っている。

スープから。表面に浮く多めのラード脂浮きも良く、県内でも類い稀なる豚骨をしっかりと炊き出した感のあるスープは、豚の獣臭漂う豚エキス感も満載、極上の豚のコクに溢れている。そこに今回は辛子高菜からの辛味と塩味が加わり、スパイシーな豚骨の旨味を存分に楽しめる。合わせられたカエシは辛子高菜からの塩味も加わりチョイショッパーな塩分濃度も問題無く、むしろ豚骨のテイストをビシッと締めている。豚野郎としては、隙の全く無い実に美味い豚骨スープである。

麺は、断面丸めのストレート博多細麺。加水少なめの「バリかた」の茹で加減が決まり、ホギホギとした食感と小麦の香る味わいが何ともいい。「きまはち製麺」の自家製麺のテイストを味わえる実に美味い麺である。

具のチャーシューは豚モモチャーシュー。柔らかく、薄味付けで豚モモ肉の旨味を味わえる。キクラゲは細切りタイプでコリコリ、豚骨には欠かせぬアイテムだ。刻みネギは青ネギでフレッシュなネギの薬味感が豚骨に合う。辛子高菜の高菜の風味のあるスパイシーさが、濃厚豚骨を締めている。これがイイのだ。

今回は事実上の連食となるので替玉は無しで、スープ完飲。私的に紅ショウガよりも好みの味変。昼ラー、否、昼焼きそばの「三宝亭 安曇野店」で腹に余裕があったので、もう一軒寄り道して突撃したこちらの鉄板店での「本白味」。今回は濃厚なド豚骨スープに始めから「辛子高菜」のスパイシー味変でイッタのだが、豚豚感溢れる濃厚豚骨に、チョイとショッパ辛な辛子高菜の味変がウルトラマッチ、連食でも問題無くイケた。私的には豚骨の薬味には「紅ショウガ」より「辛子高菜」が好みである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 65件

コメント

まだコメントがありません。