なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「醤油 ※細麺」@信州麺屋 とんずらの写真3月某日、昼、本日は早朝から松本でのゲンバ仕事、今日から我がチームに加わった新人にもビシバシとゲンバ仕事のキツさをいきなり体験してもらう。弁当持ちの新人をゲンバに残し、昼ラーに突撃したのはこちらの店。

豚骨大好き「豚野郎」としては、好みの「きまはちグループ」とはまた一味違ったベクトルの豚骨が楽しめるお気に入り店。今回も厳しいゲンバ仕事に気合の豚骨を注入すべく突撃する。

13:45着、先客12名、カウンター席に着座、後客10名くらい。先ずはメニュー検討、ここは「濃厚とんこつ」から‘醤油’(720円税込)を選択、おねーさんに「細麺」で、サービスライスはパスにてオーダーする。

例によって「辛モヤシ」が供されるので、ちょびちょぴ突きながらスタンバる。こちらの店は「濃厚とんこつ」に限って麺の種類を「細麺」「中麺」「太麺」から選択出来る。この選択によって、低加水の「細麺」だと博多風、高加水の「中麺」だと東京背脂チャチャ系風、そして中加水の「太麺」だと横浜家系ライクなテイストが楽しめて飽きないのである。そして待つ事4分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、ホウレンソウ、モヤシ、ノリ、刻みネギが、背脂の浮く豚骨醤油スープに乗っている。

スープから。背脂に加え、厚めの液体ラード膜の張られたスープはオイリーであるが、「セアブラー」としては無問題。それなりの炊き出し感ある豚骨での動物感が味わえるオイリー豚骨のテイストが「豚野郎」としては堪らなくイイのである。合わせられたカエシも醤油の塩味が出たショッパーで、課長のウマミも効いているが、これらが一体化した濃厚な豚骨テイストがクセになってイイのである。実に美味い豚骨スープである。

麺は断面四角のほぼストレートの細麺。加水率低めの麺で、茹で加減硬めが良く、ホギホギとした歯切れ感が良く、「博多ラーメン」っぽい雰囲気が楽しめる。小麦の味わいも楽しめる。実に美味い麺である。

具のチャーシューは豚バラチャーシュー、濃い目の醤油ダレが滲みていて、ホロホロと柔らかで美味い。ホウレンソウはしっとりの箸休め、オイリーなスープなのでもう少し欲しくなる。モヤシはシャクシャクの歯応え。ノリは磯風味あり。刻みネギの薬味感は良好に効いている。

スープはショッパーなので少しだけ残し。松本でのゲンバ仕事の昼ラーに突撃したこちらの店での「醤油」。それは「濃厚とんこつ」らしいオイリーな豚骨テイストにショッパーなカエシを合わせ、今回加水率少な目の「細麺」を合わせた事で、博多ラーメンライクなテイストで実に美味かった。こちらのオイリーな豚骨スープには間違い無く中毒性がある。また「大盛り」は回避したものの、プチ・ダイエット中なのに高カロリーの誘惑に負けてしまった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 31件

コメント

まだコメントがありません。