なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン (大盛り)」@慶楽の写真3月某日、昼、本日は月頭のスカイプ総合朝会、及びミーティングから組合集会。昼ラーには組合の同僚たちは「テンホウ 松本渚店」に行くと言うが、昨日行ったばかしなので、単独突撃したのはこちらの店。

定食、麺類が昭和の価格と味わいそのままに食える庶民的な食堂。ラーメンは大盛りにしてもお釣りが来る。実は今夜から家族で夜行バスに乗って「USJ」に遊山に行くので、散財前に少しでも節約しておきたい。

11:50着、先客1名、テーブル席に着座、後客3名。早速、若女将に決めていた‘ラーメン’(400円税込)を「大盛り」(50円)で注文する。今のご時世、ある意味驚異的な価格だと言ってもイイ。それにしても明日からの大阪遊山が楽しみだ。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、ノリ、刻みネギが、醤油スープに乗っている。シンプルな見た目ながらも、「大盛り」での麺がみっちりと入っているのがイイ。

スープから。見た目もあっさりのガラだしスープは、細かな玉油がびっしりと浮き、まこと穏やかではあるが動物感は味わえる。合わせられた醤油のカエシは薄口醤油の塩味が立つテイストであるが、とかく薄味に思われる日もあるが、今回は塩分濃度はやや高めで丁度イイ。課長的ウマミも加わるが、イヤミの無い効かせ方。シンプルではあるが、例によって好感の持てる醤油スープである。

麺は断面四角のちぢれのある中細麺。茹で加減硬めが良く、コナパツとした食感がイイ。実際湯掻き不足の感も無きにしも非ずであるが、この位の硬めの茹で加減が良かったりする。こちらの大盛りはそこそこの麺量があり、50円とは思えん。麺クイオヤジとしては重宝する麺である。

具のチャーシューは豚バラ煮豚チャーシュー。小さめであるが、薄い塩味付けで悪く無い。メンマは例によって塩抜きが甘くショッパー。ノリは既にヘタリが出ている。風味は饐えた様な磯風味。刻みネギの薬味感は希薄。

スープは少しだけ残し。昼ラーに単独突撃したこちらの昭和の食堂でイッた「ラーメン」。それはガラだしでの超シンプルな一杯であるが、往々にして感じる醤油スープの薄味感が無く、塩味がしっかりしていてイイ塩梅。硬めの麺も大盛りでも50円プラスで腹が一杯になれて満足出来る。実にシンプルであるが私的には好感の持てる一杯なのである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 19件

コメント

まだコメントがありません。