なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「上海焼きそば ※スープ付き ※クーポンで500円」@台湾料理 紫森 桔梗店の写真3月某日、夜、本日は「らぁめん 鶏支那屋」で昼ラーを食って塩尻~諏訪へと商談に。ヨメは娘1号の卒業式に出る為、東京へ行っていないからして夕飯を食っていく事に。突撃したのはこちらの店。

前回グルメ情報誌「どうずら」のクーポンにてワンコインで「海鮮ラーメン」を食ったのだが、もう一方のRDB的NGの「上海やきそば」も気になってしょーが無い。そこでこれ目当ての暴挙覚悟の再突撃をかけてみる。

18:50着、先客2名、カウンター席に着座、後客4名。早速おばちゃんに「どうずら」で‘上海焼きそば’(880円税込)が500円になるページを示して注文する。例によって大陸語で厨房にオーダー入れ。

そもそも中華料理店で良く見かける「上海焼きそば」の定義はあるのだろうか?私的には餡かけの焼きそばに対し、ソースでは無く、中国醤油とオイスターソースで具と麺を一緒に炒めた焼きそばと認識する。さてさてこちらの「上海焼きそば」は如何なる品であろうか?そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、キャベツ、モヤシ、ニラ、タマネギ、ニンジンが、麺と一緒に炒められている。肉っ気は見当たらない。そしてかき玉ワカメのスープが供される。

早速麺を軽く混ぜてガシッとイク。たっぷりの野菜類と炒められ、塩味で味付けられた所謂「塩焼きそば」である。想像していたような醤油味では無かったが、強火でサッと炒められた野菜類が大量にあり、肉類は無いものの野菜好きとしては満足出来る。塩と課長のシンプルな味付けであるが、塩味もしっかりとしていて課長のウマミも効き、野菜類の旨味も滲み出ているので実に美味かったりする。好みの塩焼きそばのテイストである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった中細麺。所謂中華蒸し麺で、モチモチとした食感に、塩味と野菜の旨味が絡んでいて実に美味いのである。

具のキャベツは少量ながらも甘味も出ていて美味い。モヤシはシャキシャキの歯応えが残っており、量もあって美味い。ニラも多めにあり、薬味的な味わいが良く出ていて美味い。タマネギはサッと炒められており、半生状態のモノもあるが、逆にタマネギ独特の辛味が出ていたりして実にイイのだ。ニンジンは極少量。いずれもシャキシャキの歯応えが残っていて美味いのである。

スープはゴマ油が香る薄醤油ベースのスープ。かき玉とワカメのあっさりとしたスープで、塩分濃度も薄口でイイ口直し。

もちろん完食。前回突撃時に気になっていた「上海焼きそば」を求めての再突撃。それはRDB的には掟破りではあったが、野菜大好きオヤジとしてはたっぷりの野菜と麺が、シンプルに塩味で味付けられた「塩焼きそば」で実に美味かった。私的にイメージする醤油ベースの「上海焼きそば」とは違ったものの、塩ベースの味わいにも満足出来た、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。