なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「特製らーめん どろどろに変更」@らーめん こてつの写真無化調の豚骨ラーメンと調べて来ました!

外観は御世辞にも綺麗な感じではなく、看板も手描きの絵だったりして個性の強いバーみたいな雰囲気。
内装は黒を基調としていてBGMがクラブ系と、独特な感じで。本当にここ無化調のラーメンなの?みたいな…。

券売機で「特製らーめん どろどろに変更」を買い待ちます、無化調のどろどろ豚骨ってどんなよと。レビューも、もたれたとか食べきれなかったとか書いてあり怖い。
配膳されるとネットで見ていた通りのスタンダードな盛り付けでスープはそんなヤバそうな感じは無く。

それではいただきます!
スープは…これホントどろどろだ!(笑)
この濃度どうやって出してるのだろう、先ずはそれを考えてしまう。
塩気は結構強めで豚骨の味は有るけど節系の香りがかなり強く、濃厚豚骨にありがちな獣臭は皆無。
個人的に正確な表現で言えば「トロトロ」って感じですかね、餡かけの様に麺にトロリと絡み付く。一口毎にガッツリ絡み付いてきます。
一口一口がかなりヘビーなので、濃い味が苦手な方にはキツいかも。でも無化調らしいので食べた後のしつこさは無かったです。
上品ではない、しかし下品でもない、いかんとも形容し難い濃厚スープ。
こんな豚骨魚介スープを出す店は他に無いだろうな。

麺は中細のストレートで噛み応えがある冷や麦の様なもの、スープに対してやや弱いかと思いきや「あ、どろどろに変更したからか!(笑)」と(笑)
このスープでここまで味がするのなら、通常スープだとなかなか良い麺なんじゃあないかなぁ…。
早くも通常スープで食べたいです。

具は、ちゃーしゅう・メンマ・ねぎ・のり・味玉。
ちゃーしゅうは所謂ガチの焼き豚、今時の低温調理ではなくホロホロでもない。肉感しっかりで甘くはない醤油ダレの味付け、硬派ですねぇ。
メンマは濃い茶色の角材タイプ、甘めの味付けで歯応えはジャクジャクとした強めなものでした。
ねぎはこういうスープには必須の薬味、増しても良かったと思うくらい合っていました。
味玉は甘くない味付け、どろどろに変更では特に要らなかったかなぁ…。これは通常スープで味わいたいもの。

味を総合して…
『味は濃いがしつこくないどろどろ無化調豚骨魚介、濃厚好きなら食べてみて欲しい!』
と思いました!

お店は外観が少し怖いというか独特な尖った印象なので無化調という雰囲気ではないですが、店内は学生も多く地元の方が多数来られているのでそのギャップが面白かったですね。
味も他では見られない様な濃厚タイプで、半信半疑でしたが後味からしてもやはり無化調かと思います。
味のカスタムが色々あるので、また何回か来て組み合わせてみたいと思います。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

まだコメントがありません。