なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「煮干し醤油らーめん ※クーポンで100円引き」@三宝亭 安曇野店の写真3月某日、夜、本日は久しぶりの休日、チョイと貯まったRDBのレビを推敲したりしてのんびり過ごす。夜からヨメと帰省中の娘たちが「翔んで埼玉」を観に行ったので、チャンスとばかりに夜ラーに突撃したのはこちらの店。

前回突撃時に限定の辛そうな麻婆系のラーメン(名前失念)が美味そうだったので、狙ってみる。以前貰った今月末が期限の100円サービス券も使っておきたい。

20:00着、先客8名、カウンター席に着座、後客10名くらい。件の一杯を探すも、既に提供終了の模様。残念!!そこでメニュー表を探索、ここは未食であった‘煮干し醤油らーめん’(660円税別)でイッテみる。

店内は80’の洋楽が流れている。なかなかゴキゲンである。今回の品、能書きでは「たっぷりの煮干しと厳選した鶏と香味野菜などで丁寧に炊いた自慢のスープに特製のかえし。煮干しの深い旨味が溢れる醤油らーめん」とある。あっさりしていて美味そうなのである。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、メンマ、小松菜、刻みネギが、醤油スープに乗っている。

スープから。結構アツアツ。あっさりとしたガラだしにすっきりとしたクドさの無い野菜の甘味がベースにあり、煮干しの風味は思いの外に穏やかで「たっぷりの煮干し」は我が駄舌で拾えない。合わせられた醤油のカエシは塩分濃度は適宜で、柔らかな濃口醤油感を醸し出す口当たり。ライトな煮干しとまろやかな醤油感で形成されるあっさりとした煮干し醤油スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。中加水の麺で、茹で加減やや硬めが良く、しなやかさのあるツルモチとした食感が意外や良かったりする。小麦の風味も味わえる。まろやかな醤油スープとの相性もなかなか良好。美味い麺なのである。

具のチャーシューは豚バラチャーシュー、ホロホロと柔らかく、うっすらと炙りが入っているので焦げが香ばしい。メンマはなかなかに太切りでサクサクの食感が良く、薄口の甘醤油味付けも美味かったりする。小松菜はシャキシャキの歯応えが残っている。刻みネギの薬味感はやや希薄。

スープは少しだけ残し。久しぶりの休みの夜ラーに突撃したこちらの店での「煮干し醤油らーめん」。本命の限定が既に終了していての代替であったが、期待したほどの煮干し感は正直薄かったが、あっさりとした煮干し醤油スープはまずまずのテイストで、麺がしなやかで意外と美味かった。こちらの店、割と近くに我が鉄板店「きまぐれ八兵衛」があるので、部が悪いが、チェーン店としてはなかなかレベルが高い一杯を提供しているなかなかと思う、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 14件

コメント

まだコメントがありません。