なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「担々麺 ※クーポンで500円」@中国料理 竹園の写真3月某日、昼、本日は松本のオフィスでのミーティング。ところで今朝の朝刊に2019年プロ野球の選手一覧表とプロ野球日程が載っていた。今週末からいよいよシーズンも始まり、今年も我がベイスターズは信州に来ないが、今から横浜での観戦が楽しみだ。

そして同僚と昼ラーに突撃したのはこちらの店。こちらも情報誌「どうずら」でのお得な一杯にあり付けるからして突撃してみる。

11:40着、先客1名、三人してテーブル席に着座、後客5名。早速「どうずら」で‘担々麺’(780円税込)が500円になるページを示して注文する。写真で見る限りは一般的にイメージする担々麺とはチョイと違っているので楽しみだ。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、一味唐辛子で炒め和えられた干しエビ、モヤシ、タマネギ、ニンジン、ニラ、タケノコが、擦りゴマの浮く坦々スープに乗っている。

スープから。ベースはガラだしでのあっさりスープで、擦りゴマのライトな味わいに、ニンニクの風味が強めに立つ。合わせられたカエシは中国醤油と思われ、塩分濃度は適宜で、担々麺らしい酸味は無い。やがて具材からの辛味が侵食するが辛味はマイルドで、山椒の関与は感じられない。練りゴマの風味とラー油と山椒でのスパイシーさのある所謂「担々麺」とは全く別モノのテイストで、以前食った「勝園」と似た様なテイスト。炒められた素材からの旨味が出たスパイシー醤油スープで美味かったりする。

麺は断面四角のちぢれのある中細麺。茹で加減硬めが良く、パツモチとした食感がイイ。こちらのスタンダードな中華麺である。

具の干しエビは小さめながらも、そこそこあってイイ味出しに。挽き肉味噌は無いものの、干しエビの風味が効いている。モヤシはシャキシャキの歯応え。タマネギとニンジンは炒められての甘味があってイイ。ニラの風味がアクセント。タケノコは水煮で歯応えと旨味が出ている。

スープ完飲。昼ラーに「」をイッたグルメ情報誌「どうずら」でのワンコインとなる「担々麺」。それはあっさりの擦りゴマ香る醤油スープに、炒められた具材からの辛味とニンニクの風味の効いたスパイシーな担々麺で、一般的にイメージする担々麺とはチョイと違ったスパイシーテイストながらもなかなか美味かった。先輩の食ったこの担々麺と半炒飯のセットも例によってボリューミーで美味そう。次回はこちらの店のウリである半炒飯とラーメンのセットでイツテみたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件

コメント

まだコメントがありません。