なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「汁なし担々麺 ※三つ葉あり」@無添 くら寿司 松本渚店の写真3月某日、夜、本日は松本のオフィスでのミーティングを別けあってフレックスで早めに上がる。そして夕飯には久しぶりに家族が揃ったからして回転寿司だ、という事でこちらの店に突撃する。

「くら寿司」と言えば、最近は所謂バイトテロでネットに投稿した不適切動画が騒がれているが、我が家では寿司屋と言ったらこちらを指すのである。そう、娘たちも幼少の頃から回転寿司しか行った事が無いのである。

20:00着、先客たくさん、四人してテーブル席に着座、後客そこそこ。最近は「スシロー 安曇野穂高店」に突撃していてこちらはほぼ2年ぶり。フード付きの皿や「びっくらポン!」も久しぶりだ。そして例によって10皿ほど食った後、〆ラーとする。

取りあえずモニター画面で検討、すると‘汁なし担々麺’(370円税込)が良さ気。そこで1号にタッチパネルでオーダーを頼む。するとパネルに「三つ葉あり」と「三つ葉なし」の表示が出たので当然「三つ葉あり」で。昼に「中国料理 竹園」で「担々麺」を食っているが、こちらで初の汁なしもイイではないか。そして待つ事10分、レーンに乗って到着。

ビジュアルは、挽き肉味噌、坦々ダレ、擦りゴマ、刻みタマネギ、そして三つ葉が乗っている。そして玉子が別皿で供されるので割り入れると半熟玉子、更には蓋に山椒の小袋が付いているので振りかける。一緒に注文した娘1号のも加えたので、事実上の山椒増しだ。

早速、具材をマゼマゼしてからガシッとイク。多めの坦々ダレと、挽き肉味噌、そして半熟玉子が交わり、麺に対してタレの比率が多いのでマッタリ度はMAX。坦々ダレと挽き肉味噌の繰り出すテイストは辛味は極めてマイルドで、甘味が強め。山椒は2倍となっているので、風味とシビレはイイ感じで効いている。加えて半熟玉子でのまったりさが効果的。擦りゴマでのゴマのコクはまずまず。甘味が強めの甘辛で痺れの効いたまったり坦々ダレで美味い。

麺はエッジの立った断面四角のゆるいウェーブのかかった太麺。茹で加減やや硬めで相応のコシがあり、ツルモチとした食感がイイ。多めの坦々ダレとも力いっぱい絡みまくる。美味い麺である。

具の挽き肉味噌は豚挽き肉と思われ、甘辛い味付けが坦々ダレと共にベースを席巻、まあ悪く無い。半熟玉子がマッタリさを遺憾なく発揮していてイイのである。擦りゴマはライトなゴマ風味。刻みタマネギの薬味感はまずまず。三つ葉の薬味感はタレの甘味に埋没。

多めの坦々ダレが残るが、もちろんタレも完食。久しぶりの「くら寿司」での〆ラーにイッた「汁なし担々麺」。それは「くら寿司」で食った初の汁なし麺で、多めの坦々ダレは辛味はマイルドで、甘味のやや強め、加えて半熟玉子のマッタリプチスパイシーテイスト。娘の分の山椒でシビレはまずまず。回転寿司の麺としては上々のテイスト。一号は寿司のシャリだけ外して「追いメシ」として食っていた。これ、正解だ、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

コメント

まだコメントがありません。