なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「こってりらーめん +かなり背脂の多いチャーシュー:無料」@煮干らーめん しょうの写真3月某日、昼、本日は松本の倉庫経由諏訪からの巡回。午後からは松本のオフィスにて支社長を迎えての2019年方針発表があるので、間に合う様に昼ラーに突撃したのはこちらの店。

以前は「凌駕JET」の建物に居抜きで入った店。昨年末にオープンを掴んでいたが情報も無く、私的新店突撃猶予期間の3カ月が経過したからして突撃してみる。

11:45着、先客無し、券売機(メニュー写真)にて、ここは初訪のセオリーに則って左上の‘こってりらーめん’(750円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客5名。ここで券売機に貼られていた「かなり背脂の多いチャーシュー無料」を目聡く見つけ、注文する。

店内にはうっすらと煮干しと醤油の香りが漂っている。また、以前の店舗と内装が一新され、カウンター10席のみの配置となっている。ところでこちらの「煮干ラーメン」は「こってり」「あっさり」「にんにく」の3系統。美味ければいずれ制覇してみたい。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、増量なったチャーシュー2枚、メンマ、岩ノリ、刻みネギが、背脂の浮く醤油スープに乗っている。

スープから。多めに浮く背脂効果もあって豚の動物感が前に来るが、スープ素材に動物系が使われているか否かな駄舌では分からん。主役の煮干し感はガツンではないが、スープ全体に煮干しの風味が柔らかく横たわっている。煮干し特有の僅かな酸味が程良く、苦味やエグミは排されている。合わされた醤油のカエシの塩分濃度はやや高め、醤油のライトな酸味と渋味がイイ感じで配されており、煮干しの風味と融合している。「凌駕JET」時代に食った「コテにぼ」に似たテイストで、煮干しに支えられた醤油感がイイのである。実に美味い煮干し醤油スープである。

麺は断面長方形のゆるいウェーブのかかった太麺。茹で加減やや硬めが良く、しなやかなハリと弾力のあるツルモチとした食感がイイ。マイルドな煮干し醤油スープとも調和している。実に美味い麺である。

具のチャーシューは「かなり背脂の多いチャーシュー」と指定した様に、好みの脂身が主体の豚バラチャーシュー。煮豚タイプで柔らかく、脂身がトロトロジューシーで実に美味い。これが2枚乗るので超ウレシイ。メンマは薄醤油味付けの柔らかコリコリ、これも美味い。岩ノリは煮干しスープに磯の風味を拡げて来る。イイのである。刻みネギの薬味感はまずまず。

スープ完飲。諏訪での仕事の後、茅野の昼ラーに突撃したこちらの店での「こってりらーめん」。それは好みの背脂効果でこってりを演出したマイルドな煮干しの風味が漂う醤油スープに、ハリのある中太麺、そして好みの「かなり背脂の多いチャーシュー」が無料で増量された煮干し醤油ラーメンで実に美味かった。そのスープはどこか「煮干しらあめん 燕黒」を彷彿とさせるテイストがあり、薬味には刻みタマネギが合うと思うが、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。