なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「つけめん(みそ) (大盛り:サービス券)」@くるまやラーメン 松本渚店の写真4月某日、昼、本日は安曇野はうっすらと降雪となり、気温も冬に逆戻り。期も変わった事もあり、松本のオフィスにて全国スカイプ朝会で午前中が終わった後の昼ラーに先輩と突撃したのはこちらの定番店。

11:40着、先客9名、二人してテーブル席に着座、後客20名くらい。取りあえずメニュー検討、寒いのであるが何となく「つけ麺」を食いたい気分に。そこで「しょうゆ」と「みそ」があるが、チョイと迷って‘つけめん(みそ)’(740円税別)でイク。

これを「FREE BOOK」のサービス券で「大盛り」でオーダーする。サービスライスの有無を問われるが、ここは白飯嫌いであるのでパス。以前は「夏季限定」だった「つけ麺」がレギュラーメニューとして通年食える様になって久しいが、つけ麺好きにはアリガタイ。そして待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、刻みノリと擦りゴマが乗り、氷の仕込まれた麺皿と、味噌ダレの器には小さなサイコロチャーシューたくさん、モヤシ、ニンジン、ニラ、コーン、刻みネギが認められる。

早速麺を浸してガシッとイク。こちらのラーメン同様、豚骨、鶏ガラ、野菜などをベースとするスープは、ラーメン程の背脂浮きが無くあっさりとした動物系のコクがあり、「くるまやのみそ」らしくニンニクがきっちりと効いている。合わせられた味噌ダレの塩分濃度はやや高めも、甘味が無いので、課長のウマミのあるショッパーな味噌テイストが味わえてイイのである。ニンニクの風味が効き、「味噌ラーメン」同様のテイストがある実に美味い味噌つけダレである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった太麺。水でしっかりと〆られ、氷も仕込まれていて冷たい麺はコシがあり、プリプリ、ムチムチとした食感が実にイイ。ラーメン以上に麺の風味も味わえるのもイイ。「大盛り」での麺量もそこそこあるので「麺クイオヤジ」としては適量。実に美味い麺である。

具のサイコロチャーシューは5mm四方ほどの小さいモノだが、ゴロゴロと結構沢山入っている。デフォの「ラーメン」には肉っ気が無いので、このチャーシューはポイントが高い。モヤシはしんなり、味噌に合う。ニンジン、ニラは極めて微量。コーンは底にもそこそこある。刻みネギの薬味感はまずまず。麺に振られた刻みノリはイイ磯風味。一方擦りゴマはほぼ埋没。

最後にお楽しみのスープ割りをオーダー。「薄めるスープならあります」と言う事で、器に入った割スープが供される。ベースの清湯スープでたっぷりあるので半分ほどを割り入れて、完飲。まだ残った割スープももったいないので醤油をひと回しして完飲。

いつもの「くるまや」で昼ラーに突撃してイッタ「つけめん(みそ)」。それは「味噌ラーメン」同様にニンニクの効いたウマミのある味噌つけダレに、冷水で〆られてコシのある太麺でイク如何にも「くるまやのみそ」らしいテイストに溢れたつけ麺で実に美味かった。ラーメンには無いサイコロチャーシューでの肉っ気のあるのもイイ。今度は辛味が無いので、卓上のラー油唐辛子でのスパイシー仕様でイッテみたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 85件

コメント

まだコメントがありません。