なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【限定】甘め!みそつけめん (大盛り(麺2玉))」@テンホウ 松本渚店の写真4月某日、昼、本日は最近の季節外れの寒さも一段落、天気も良く春うららな日和に、松本のオフィスにて終日の商品研修会。そんな中、お楽しみの昼ラーに同僚たちと突撃したのはこちらの店。

11:30着、先客3名、三人してテーブル席に着座、後客20名くらい。取りあえずメニュー検討、「期間限定」の‘甘め!みそつけめん’(700円税込)が何か良さげ。昨日に続き連日のつけ麺もイイではないか。そこで腹ヘリなので「大盛り(麺2玉)」(100円)でイク。

こちらの品、「熟成味噌の濃厚スープ!!」と言う事。私的にあまり甘いモンが好きでは無いが、甘味噌ならば美味そうと踏んでのオーダー。ところで昨夜のDeNAはまたもや終盤にパットンが崩れ、ヤクルトに2連敗。チト心配なスタートである。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、モヤシ、メンマが乗った麺皿と、少しくのゴマの浮く味噌つけダレには豚肉2~3枚、刻みネギが認められる。傍らにはおろしショウガの小皿が添えられる。

早速麺を浸してガシッとイク。うっすらとチー油の浮くベーススープはシャバ系で、然程の動物感は感じられないものの、魚介の風味はうっすらと漂っている。合わせられた味噌ダレは文字通り砂糖系の甘味はあるが、思いの外にクドさが無く、甘ったるくは無いので信州味噌の風味と合わさっている。サラッとしたライトな甘味なのでイイ。

少しくしてからおろしショウガを溶き入れる。するとショウガの爽やかな風味と辛味が、サッパリとして甘味が締まる。甘味噌とショウガの風味が合わぬはずが無く、味変の薬味アイテムとして機能している。なかなかイケる甘味噌のつけダレである。

麺は断面長方形のちぢれのある平太麺。加水のある表面ツルツルの「チャーメン」と同系統の麺で、水で〆られ相応のコシのあるツルパツとした食感がイイ。なかなか美味い麺である。大盛りとした麺量も適量である。

具の豚肉はバラ肉で湯掻かれた煮豚。チョイと豚しゃぶ感覚があってイイのである。モヤシも軽く湯掻かれシャクシャク。サッパリとしていて甘味噌に合う。メンマは薄醤油の味付けの柔らかサクコリ食感。刻みネギの薬味感はまずまず。

最後にお楽しみのスープ割り。たっぷりとガラスープで割られてフィードバック。甘味も更に和らぎ、もちろん完飲。いつものテンホウでイッた限定の「甘め!みそつけめん」。チョイと気になる甘味もクドさが無く、サラッとした甘味噌のテイストはなかなか良好。後半はおろしショウガのさっぱりとした辛味が効果的で最後まで飽きずにイケた。たまには「甘め」もイイのである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 84件

コメント

まだコメントがありません。