なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「かに玉ラーメン ※ウーロン茶サービス ※クーポンで500円」@参果樹 沢村店の写真4月某日、夜、本日は岡谷~駒ヶ根~松本の巡回、最後の松本のゲンバを終え、遅くなったので夜ラーを食ってイク事に。情報誌「どうずら」のワンコインサービスも本日が最終日。なので一軒目に突撃したのはこちらの店。

先日も初突撃して「ミソラーメン」をイツタのだが、好印象。こちら「どうずら」で「ラーメン類どれでも」が500円になるという事なので、好みの「あんかけ焼きそば」をイクつもり。

19:30着、先客15名くらい、相席のテーブル席に着座、後客2名。早速女将に「どうずら」を示して「あんかけ焼きソバ」を注文するが、「すみません、焼きそば類はダメなんです」と言う事なので、‘かに玉ラーメン’(880円税込)でイク。

メニュー表ではこちらのラーメン類は600円から880円まで9種類ほどあるが、その中で一番高いヤツを頼んでしまうあたりはビンボー症が出てしまう。それにしてもいつの日か「あんかけ焼きソバ」をイッテみたい。そして待つ事9分、着丼。

ビジュアルは、麺を覆い尽くす餡のかかったかに玉、グリーンピースが、醤油スープに乗っている。

スープから。デフォのスープはあっさりのガラだしで、鶏ガラメインと思しき動物系の旨味があり、そこに塩分濃度は適宜な醤油のカエシには、野菜由来のクドさの無い甘味も拾える。基本は未食であるがこちらの「ラーメン」と同じスープと思われ、なかなか好印象の醤油スープの味わい。そこに餡かけの甘辛い醤油餡が交わり来ると、これまたコクのある醤油スープとして味わえる。美味い醤油スープである。

麺は断面四角のちぢれのある中細麺。前回食った「ミソラーメン」と同じ麺で、茹で加減丁度良く、ツルモチとした食感がイイ。なかなか美味い中華麺である。

具のかに玉にはカニほぐし身、刻みタケノコ、刻みネギが認められる。厚みは1cm超で、玉子がふわふわ。甘辛い餡かけと醤油のスープを含んでまた美味い。カニのほぐし身もたっぷり入っていて、カニの旨味がたっぷり。時々遭遇する水煮タケノコもイイアクセント。刻みネギも甘くて効果的。

スープは少しだけ残し。1月から続いた情報誌「どうずら」でのワンコインラーメンの使える最終日に突撃したこちらの店での「かに玉ラーメン」。それはカニのほぐし身がたっぷりと入ったデカくて厚くてふわふわのかに玉が乗っかった醤油スープのラーメンで、兎に角甘辛な餡かけに包まれたかに玉がそれはそれは美味くて、これが500円で食えるのはお得に尽きる。会計で女将に「(どうずら)最終日にありがとうございます」と声も掛けられた。間違い無く味も雰囲気もピカイチの優良店である、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。