なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ニボジロー ※野菜増し (大盛:無料)」@凌駕 IDÉAの写真4月某日、昼、本日は新人君の助手席で運転指導も兼ねての松本~諏訪への巡回。若いながらも安全運転で、今後も続けて欲しいものである。そして昼ラーに突撃したのはこちらの店。

県内にグループ店を含め、10店舗ほど展開している「凌駕グループ」の総本山。最近も旧「凌駕IDEA」店舗跡に「中華そば 焼きめし やま本」をオープンして元気がイイところを見せている。

12:55着、先客12名、二人してテーブル席に着座、後客8名。早速メニュー表検討、ここはガッツリとイキたいので‘ニボジロー’(780円税込)を「野菜増し」で、更には「大盛り無料」でオーダーする。

今年2月以来の突撃だが、店内は白を基調としたオサレな空間で、なお且つ多彩なラーメンメニューを取り揃えているので、女性客を含めあらゆる年代、客層に支持されている松本を代表するラーメン店である。私的に「大盛無料」の四文字熟語も頼もしい。そして待つ事8分、着丼。

ビジュアルは、ほぐしチャーシュー、「増し」で山盛りとなった野菜(モヤシ、キャベツ)、煮干粉、刻みニンニクが、背脂の浮く豚骨醤油スープに乗っている。

スープから。例によって多めの背脂とラードが張られたスープは、豚骨のクサミは抑えつつも豚のコクと旨味に満ち溢れている。背脂の甘味が効果的に効いていて動物感は充分にある。やがて煮干粉での魚介感もスープに侵食して来ると、豚骨と煮干の存在感たっぷりの理想的な味わいに昇華して来る。合わせられた醤油のカエシは塩分濃度はやや高めで、醤油感よりも塩味を前面に出しているテイスト。課長のウマミも良好だ。加えてニンニクも影響して来るのでガーリックパンチも増して来る。豚骨×煮干×ニンニクの重層的なテイストが席巻する実に美味い豚骨魚介スープである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった太麺。茹で加減硬めが良く、ゴワゴワ、ムチムチとした硬派な食感が実にイイ。小麦の風味も味わえる。実に美味い麺である。大盛り無料はこちらでは必須である。

具のチャーシューは今回はほぐしチャーシュー。醤油ダレが滲みた味付けで、スープもしっかりと吸い込んでいる。当然ショッパーな味となるがイイのである。「野菜増し」としたので山盛りのモヤシはたっぷり。軽く湯掻かれてシャクシャク、これ野菜好きには欠かせない。キャベツも湯掻かれて甘味が出ている。煮干粉とニンニクは前記の如くスープに厚みとパンチを増して来る。イイのである。

背脂をサルベージしてスープは少しだけ残し。新人君と突撃したこちらの店での「ニボジロー」。それは二郎インスパながらも、デフォで煮干粉を装備する事で魚介感を増幅する事でオリジナリティーを持たせたガッツある一杯。好みの背脂もたっぷり、野菜も増しサービス、加えて大盛り無料と私的にはイイとこだらけ。もちろん豚骨魚介のスープは美味いし、ゴワゴワ感のある麺も同様で、私的に満足度は極めて高い一杯。定期的に摂取が必要な逸品である、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 23件

コメント

まだコメントがありません。