なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「濃厚つけ麺 大盛り(麺2玉)」@テンホウ 松本渚店の写真4月某日、昼、本日は夕方から明日の大阪出張に備え名古屋での前泊であるが、それまでは松本のオフィスにてミーティング。その昼ラーに同僚たちと突撃したのはこちらの店。

11:35着、先客4名、三人してテーブル席に着座、後客15名くらい。早速メニュー検討、ここは恒例の「夏の人気メニュー」(メニュー写真)から‘濃厚つけ麺 大盛り(麺2玉)’(880円税込)をイッテみる。

この品、「濃厚魚介ベースにがっつり太麺」とあり、麺量はデフォで1.5玉と言う事であるが、腹ヘリなので「大盛り(麺2玉)」とした次第。このあたりがプチダイエットは継続中でも、あと1kgが落ちないところ。意志が薄弱なのである。そして待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚が乗った麺皿と、豚骨魚介のつけダレには味玉、メンマ、魚粉、白ゴマ、刻みネギが認められる。

早速麺を浸してガシッとイク。豚骨ベースに節系魚粉の魚介感を合わせた所謂「豚骨魚介」ベースのつけダレは「濃厚」とあるがライトな粘度で、どちらかと言うとさらりとした口当たり。動物感はそこそこであるが、魚粉での魚介感はなかなか濃厚である。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度はやや高めながらも、この手のつけダレに良くある様な酸味と甘味を排したテイストは好印象。そして辛味も抑えてあるので卓上の八幡屋磯五郎の「ラーメン七味」でリカバリー。これがスパイシーで香りも高くてイイ感じ。魚粉の香りをストレートに楽しめるなかなか美味い豚骨魚介のつけダレである。

麺は断面長四角のゆるいちぢれの入った平太麺。加水のある麺で、茹で加減やや硬めが良く、水道水で〆られ、ツルツル、パツパツとした食感がイイ。なかなか美味い麺である。やはりつけ麺は「大盛り」とするのがイイ。

具のチャーシューは豚バラチャーシュー。薄醤油ダレの味付けがシンプルに美味い。味玉がデフォで装備されているのがイイ。こちらも薄味付けで美味い。メンマも薄味付けで柔らかサクコリ食感。前記の様に魚粉がなかなかの魚介効果を演出していてイイ。ゴマは少量で魚介にほぼ埋没。刻みネギの薬味感はまずまず。

最後にスープ割り。例によってカップに入って供される。適度に割って完飲。いつものテンホウでイッた「濃厚つけ麺」。それは豚骨の動物系スープをベースに魚粉効果での節系魚介の風味を効かせた豚骨魚介のつけダレで、デフォの「つけ麺」に比べると「濃厚」な豚骨魚介の味わいで美味かった。酸味と甘味を抑えたテイストは私好み。控え目な辛味は「ラーメン七味」でリカバリー出来た。手頃に豚骨魚介が楽しめる一杯である、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 84件

コメント

まだコメントがありません。