なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「塩 ※中麺 +キャベツ、ほうれん草:㋚P +みぞれ:無料」@信州麺屋 とんずらの写真4月某日、昼、本日は世間ではゴールデンウイークに突入している様だが、平成最後となるであろう松本でのゲンバ仕事。そんな中での昼ラーに突撃したのはこちらの店。

店名が暗示するように、豚骨をウリとする店。しかもこの歳になっても止められない好みのオイリー豚骨が食えるからして定期的に突撃している店である。今回はポイントが貯まったのでお得なサービスを受けるつもり。

14:05着、先客5名、カウンター席に着座、後客7名。取りあえずメニュー表検討、やはり「濃厚とんこつ」から‘塩’(720円税込)でイッてみる。そしてポイントサービスで「Wトッピングサービス」が受けられるからして「キャベツ、ほうれん草」でイク。

加えて、こちらの店オリジナルの無料で追加出来るトロットロの背脂の塊である「みぞれ」もオーダーする。そして麺は3種類から選べるので、今回は「中麺」でイク。ライスもサービスとなるが、ライスは好きでは無いのでパスする。例によって無料で供される「辛モヤシ」を突きながら待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、モヤシ、ノリ、刻みネギ、そして増量なったほうれん草とキャベツが、大量の「みぞれ」背脂の浮いた塩豚骨スープに乗っている。こちらのトッピングは盛りが良いので、どっかりとしているのがイイ。

スープから。どっかりと盛られた装備の下には、たぷんたぷんとした大量の「みぞれ」が浮かび、元々オイリーな豚骨スープには甘味を携えた背脂での豚豚感が加わり動物感はたっぷり。この「みぞれ」、うーむ、明らかに健康的だは無いのであるが、「セアブラー」としてはたま~に食わずにはいられないのである。合わせられた塩ダレの塩分濃度はやや高めも、大量の「みぞれ」の甘味と丁度イイ塩梅に対峙出来ている。課長のウマミもイイ感じ。例によってこってり実に美味い塩豚骨スープである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった中細麺。表面ツルツルの加水率高めの麺で、茹で加減やや硬めが良く、ツルモチとした食感がイイ。しかし、この塩豚骨には私的には「細麺」か「太麺」がしっくりくる様な。美味い麺ではある。

具のチャーシューは豚バラチャーシュー、厚さが1cmほどあり、甘醤油ダレの味付けがしっかりと滲みこんだ味付けが実に美味い。モヤシは、シャキシャキの歯応えがあってイイ。ノリは磯風味あり。刻みネギの薬味感はまずまず。増量なったほうれん草は、歯応えを残したしっとりとした食感がイイ。キャベツもたっぷりでパキバキ。そのままでも美味いし、スープ熱でしんなりとした甘味の出たヤツをイクのも美味い。

流石にスープ完飲は危険なので少し残し。平成も残り僅かとなった松本でのゲンバ仕事の昼ラーに突撃したこちらの店での「塩」。今回は無料でたっぷりの背脂の「みぞれ」をトッピし、貯まったポイントで「Wトッピング」としたのであるが、大量に浮くたぷんたぷんの背脂の塊と、こちらの盛りのイイ「キャベツ」と「ほうれん草」の野菜がたっぷりで、不健康な中にもヘルシーさを持ち合わせた塩豚骨が楽しめた。この「みぞれ」、背脂大好き「セアブラー」としては時々摂取したくなるヴァージョンなのである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 31件

コメント

まだコメントがありません。