なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「甘い辛い酸っぱいつけ麺 並(200g 850円)」@煮干鰮らーめん 圓の写真外出先からの帰りが少し遅くなった休日。これは時間的にちょうど良いということで、コチラで夜の部限定で提供されているメニューを食べて帰ることにします。17時半近くに入店すると、カウンターに空きが2席ほど。これはラッキー。入口脇の券売機で、甘い辛い酸っぱいつけ麺の並(200g 850円)の食券を買ってカウンターへ。

カウンター向こうには田中店主。笑顔で迎えてくれます。他に助手氏が1名の2名体制。おそらく、これから混み始めるんでしょうな。提供待ちの客もおらず、手早く調理が進められ、さほど時間も掛からずに我が一杯が配膳となりました。

麺丼に比べて2周りほど小さめなつけ汁の容器には、醤油ダレとして溜り醤油でも使っているのか、濃い醤油色に赤と黒の粒々(唐辛子とブラックペッパー)が大量にと、薬味のネギが浮くつけ汁。見るからに刺激的なビジュアルですなw 麺丼の方には、以前いただいたつけ麺の中細とは違うタイプの、平打ち中太麺が折り畳まれ、上に材木メンマと味付け煮玉子半身が載ります。よく見ると麺にはふすまのようなものが練り込まれているのが判ります。

デフォのつけ麺をいただいてからだいぶ時間が経つので、つけ麺自体、麺の仕様を変更したのか、あるいはこの限定メニューだけの特別仕様なのかは不明です。ではいただきます。

まずはつけ汁をちょっと舐めてみます。煮干出汁ベースであることは論を待たないのですが、まず甘酸っぱい仕様のつけ汁に、ブラックペッパーのピリッとした刺激と唐辛子の辛味がガツンと来ます。まさに名前の通り「甘い辛い酸っぱい」を体現したつけ汁です。ちょっと刺激的で美味しい。

麺は、水で締めた少しムチンとした食感で、ツルツルとした喉越しを併せ持つタイプの平打ち中太麺。小麦の香りが高いです。コイツをあの刺激的なつけ汁に潜らせて啜ると、持上がってきた麺肌には、赤と黒の粒々がへばりつきますw 啜り上げると、ピリッとした刺激と共に、甘酸っぱい醤油ベースのつけ汁が口に飛び込んで来て、ちょっとクセになりそうな味わい。相当に美味しい。

そのつけ汁の中に、レンゲと箸を突っ込んで具材をサルベージしてみると、肩ロースのチャーシューを少し小さめにカットしたものが、概ね2枚分ほど持ち上げられてきます。同店ならではの、しっかりとしたクォリティのチャーシューで、箸休めに持って来いです。美味しい。

時々、チャーシューに行きながら、麺を啜るのですが、並盛の200gでは少し物足りない感じ。大盛の表示が350gとなっていたので少し怯んでの並だったのですが、250gの中盛を用意してくれたらジャストサイズだったような気がします。そんな訳で麺の方はサクッと完了ですw

見ていたように、店主がスープ割りを案内してくれたのでお願いします。ブーメラン方式で戻ってきたスープを、慈しむようにレンゲで口に運びます。濃さもちょうど良く、飲みやすく、あと一口あと一口が面倒臭くなり、結局手に持って底に沈んだ屑肉や薬味を浚えるように飲み干して食了。

同メニュー、フォロワーさんのブログで紹介されていて、一度食べてみたかったんですよねw レギュラーのラーメンがハイクォリティなのは言うまでもないですが、少し変わり種のこのようなメニューも、よく練られて美味しいだけでなく、圓で提供されると特別感がありますな。次は、確か夏の限定だったか、昆布と煮干の冷や出汁に漬かったつけ麺が出たら、ぜひいただいてみたいとの思いが、一層強くなってしまった一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 6件

コメント

なかなかハードル高いですが
ここは再訪優先度高く設定してますので
つけ麵も視野に検討したいです(^^)

YMK | 2019年5月5日 22:35

YMKさん、こんにちは。

最近、休日に八王子市内を通ることが多いので、同店なども普段使いしていますが、時間帯によっては
以前のように入店待ちが多数ということもないので、機会あればぜひ。

NSAS | 2019年5月7日 11:40