なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「スパイシー鶏白湯らぁめん 味玉1/2個追加 替え玉」@MENSHO SAN FRANCISCOの写真新感覚なラーメンを求めて来ました!

さて何にするか悩んだところで「スパイシー鶏白湯 味玉1/2個追加 替え玉」を注文、店内は明るく綺麗で確かに女性向き…ってビル自体がそういう趣向にあるのだから当たり前ですが。
配膳されると調べていたよりも明らかに鮮やかなオレンジ色!逆輸入らしいですが、確かに海外でウケそうな色合い。

味はといいますと、鶏白湯かどうかがよく分からないくらい担々麺風な味わい(笑)
鶏白湯であることを忘れる美味しいラー油の風味とピリ辛味、そして真ん中のレモンにはガラムマサラ的なクミンの香りのするものが入っており途中からはカレー担々麺的な味わいに。
あー…こういうの案外好きです、良い意味で裏切られてゆく感覚。

麺がキヌアを練り込んだ中細縮れなのが一瞬ミスマッチにも感じましたが、食べてゆく内にスープを吸ってなじみますね。
エスプーマ風の泡立つ表層をまとって口当たりまろやか、噛んで食感も味も良し。作り込まれています。
女性がメインターゲットである事を考えてかと思いますが、ラーメンにあるまじき「ゆっくり食べる」のが正解なパターンの麺。
替え玉をお願いしたら「スパイシー替え玉です!」と出してくれましたが…、ちょろっと唐辛子乗ってるだけなのはさすがにそんな名前言って出さんでもと思いました(笑)


他はナッツがとても良い役割をしていました。比較的優しくアッサリめなスープの最後に、底をさらえば濃厚な味を与えて飲み残しを許さない味に仕上げています。

ラーメンじゃないとかチャラチャラしてるとかいう意見も見られ確かにこれは確信犯の異端ラーメンで、ラーメンに固定観念を持って食べる方にはラーメンではないという結論になるかと思います。
昨今のラーメンはラーメン離れしたラーメンが多く、これホントにラーメン?というものだらけ。有名な庄野さんが作ったという事が尚更、ラーメンではないという感覚を持つ方々に反感を生んでいるのではないかと思います。
というのがラーメン好きとしての見解。

まぁそんな型にハマッた事よりかも、この立地のニーズに美味しく食べてもらいたい事が優先のラーメン。
だと素直に感じましたし、利にかなった商品展開だと思います。麺半分とか味玉1/2個とか、そういうの大切だと思います。
実際味は良いし盛り付けもお店も綺麗、それの何も悪いところは無い訳で。

固定観念も味の趣向も人其々合わない方にはとことん合わない、でもここに来る大多数の方はそんな事関係無く美味しく食べてるんじゃあないかと。
私は私で食べて感じたままに書いてます。
私は全メニュー食べに来たいなと思いました(笑)

御馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。