なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「魚介豚骨醤油ラーメン」@小黒川パーキングエリア 上り線スナックコーナーの写真5月某日、昼、本日は我が上官と元上官と共にコマンドカーに乗車して朝イチから飯田での商談。午前中に終了し、上官の希望で「新京亭」に突撃も臨時休業。次に「上海楼」に向かうもあまりの行列に回避。

そこで次の予定の岡谷で昼メシと言う事で高速に乗る。途中、上官のタバコ休憩で寄った「小黒川パーキングエリア」で、上官の「ここでメシにするぞ!」と言う一声でフードコートにて昼メシとなる。

12:55着、先客5名、三人してテーブル席に着座、後客4名。しかしここで私的に生死に関わる問題がある。フードコート、特にSAの場合だと麺を日本蕎麦と一緒に湯がく場合があり、蕎麦アレルギーの私は実際過去にラーメンを食ったのに呼吸困難に陥り、死にそうになった事があるからして、慎重にならざるを得ない。

そこでコーナーカウンターで「ラーメンの麺は日本蕎麦と一緒に湯掻いてる?」と確認する。「ハイ、でもアレルギーの方に別の鍋で茹でられます」と言う事で、「是非とも」。好きなラーメンで死にたくはない。そこで券売機(メニュー写真)にてトップの‘魚介豚骨醤油ラーメン’(720円税込)をプッシュ、番号札を渡され、待つ事5分、番号を呼ばれ取りに行く。

ビジュアルは、チャーシュー、半茹で玉、メンマ、ホウレンソウ、ノリ、魚粉、刻みネギが、背脂の浮く豚骨醤油スープに乗っている。

スープから。多めの背脂とラードにより、結構オイリーなスープは私好みで、豚主体の動物感はたっぷりとある。加えて魚粉を溶くと節系の魚介感も拡がって来る。イイのである。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度は高めで、醤油のまろやかなコクもあり、甘味も味わえる。加えて課長的ウマミも程良し。よって「強めに纏まった豚骨魚介醤油スープ」と言った味わいで、この手のラーメンとしては意外とイケてるテイストなのである。なかなか美味い豚骨魚介スープである。

麺は断面四角のウェーブのかかった中麺。おそらく冷凍チルド麺と思われるが、茹で加減と言うか戻し加減丁度良く、モチモチとした食感がなかなかイイ。悪く無い麺である。

具のチャーシューは、ベーコンの様な豚バラ薄切りチャーシュー。味付けも良くて美味い。半茹で玉がデフォであるのはチョイとお得感あり。メンマは業務的な薄甘醤油の味付けのサクコリ食感。ホウレンソウはしっとり。ノリは長ん細い形状で、磯風味はまずまず。魚粉は前記の如く、なかなか効果的に魚介風味も効かせて来る。刻みネギの薬味感もまずまず。

スープは少し残し。飯田への商談の帰りにこちらの高速サービスエリアのフードコートでイッた「魚介豚骨醤油ラーメン」。それは好みの背脂オイリーにして魚粉での節系魚介の風味も強めに効いた豚骨魚介醤油ラーメンで、フードコートのラーメンとしては、と言っては失礼を承知で言うと、結構美味かった。そして多少懸念していた蕎麦アレルギーの症状も出る事無く、ひと安心した、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。