なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「あっさりトリソバ 〈並〉 +味玉:クーポン券」@トリソバノミコトの写真5月某日、昼、本日は午前中は松本のオフィスにて昨日までの名古屋出張での纏めやら、書類作成に勤しむ。そして昼休みを利用して得意先のサービスセンターに訪問したついでの昼ラーに突撃したのはこちらの店。

以前「らあめん 寸八 総本店」突撃時にオープンチラシで情報を掴み、RDB登録したまま放置プレイが続いていた店。私的新店突撃猶予期間の3か月が経過したので突撃してみる次第。

14:05着、先客2名、取り敢えず券売機(メニュー写真)にて基本と思しき‘あっさりトリソバ 〈並〉’(750円税込)をプッシュ、テーブル席に着座、後客無し。店主に食券を渡す時、件のオープンチラシがクーポン券となっているので「味玉」トッピで注文する。

こちら以前は中華料理店であった建物に居抜きで入った店。店主の両親は中華料理店を営んでいたと言うので、こちらの店かもしれない。それにしても「らあめん 寸八 総本店」と何か関連があるのか?取りあえず店内には「鶏ガラスープ専門店」の表記や「鶏 貝 葱 麺」の文字が。事前情報では鶏チャーでは無いので私的に問題無し。そして待つ事4分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、穂先メンマ、干しホタテ?のオイル漬けフレーク、三つ葉、スライス紅タマネギ、白髪ネギ、そして半味玉2個が、醤油スープに乗っている。

スープから。チー油が張られたスープは、落ち着きのあるあっさりスッキリとした鶏ガラらしい動物感が味わえる。また「貝」は、アサリやハマグリの様なコハク酸が攻めてこないからしてホタテベースと思しき貝の旨味もある様な気がする。合わせられたカエシの塩分濃度は適宜で、スッキリとした醤油のキレあるライトな醤油の醸造感がイイ。鶏ガラとホタテ出汁が調和した今風のスタイリッシュな美味さのある醤油スープで美味いのである。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。茹で加減硬めが良く、パツパツとした歯切れ感のあるツルムチとした食感がイイ。スッキリとした醤油スープとの相性もなかなか良好。美味い麺である。

具のチャーシューは豚ロース?チャーシューで、周囲に醤油ダレが黒く滲み込み、ほのかな薫香を放ち、独特の旨味ある味付けがイイ感じ。穂先メンマは薄味は付けで、柔らかサクサクの食感がイイ。干しホタテと思しきフレークは硬めの食感で、切りイカかと思ったわ。正直、然程のスープへの関与は無い。三つ葉の風味が和的。スライス紅タマネギのシャリシャリとした甘味ある薬味感と白髪ネギでのネギ薬味感は強めに効いていてネギ好きにはウェルカム。

スープ完飲。昼休みにチョイと野暮用で出たついでの昼ラーに突撃したこちらの店での「あっさりトリソバ」。それは「鶏ガラスープ専門店」らしくスッキリとした鶏ガラスープに、おそらくホタテの貝ダシを合わせた醤油スープに、歯切れの良い細麺を合わせたスタイリッシュなテイストの醤油ラーメン。鶏白湯はNGも鶏清湯ならOKと言う偏屈な駄舌を持つ私的にもイケたのである。次回は「濃厚トリソバ」は鶏白湯だと思われるので、本日「SOLD OUT」の「麻辣トリソバ」をイッテみたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。