なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【限定】タコメン」@テンホウ 松本渚店の写真5月某日、昼、本日は松本のオフィスにて朝からデスクワーク。昼時となり、我が上官から「貴様!昼メシを食いに行くぞ!!」と言う事で突撃したのがこちらの「テンホウ」。

11:55着、先客7名、二人してテーブル席に着座、後客20名くらい。早速メニュー表検討、すると「限定」の‘タコメン’(750円税込)なる一杯(メニュー写真)が目に入る。

これは「たこ焼き入りソースラーメン 略して・・・タコメン」と言う事で、何でも「焼きたて屋さんとテンホウのコラボラーメン!」と言う事。「焼きたて屋」と言えば、諏訪発祥で信州を中心にホームセンターなどの商業施設を拠点に展開するたこ焼き、たい焼きの専門店である。

このたこ焼きが3個入ったソースラーメンと言う事で珍しさもあってこれでイク。「大盛り」は令和に入って出来る限り回避するつもりなのでスルー。それを見て上官「何だ貴様、大盛りにせんのか?」に「そうであります!令和に入ってダイエットであります!!」そして待つ事6分、着丼。

ビジュアルは、デカいたこ焼き3個、キャベツ、モヤシ、あおさノリ、カツオ節、紅ショウガ、マヨネーズ、刻みネギが、ソーススープに乗っている。傍らにはホワイトペッパーが供される。

スープから。ベースはおそらくテンホウの醤油スープと思われ、そこに濃いめのウスターソース味のスープを合わせた模様。濃厚なソース味が前面に出ているが、ふんわりと醤油の味わいも拾えるのだ。「ソースラーメン」と言えばかつて千葉・船橋「中華料理 大輦」で食った事があるが、それよりも塩分濃度は高めでソースのパンチが効いており、これが冗談抜きでなかなかイケるのだ。加えてマヨネーズのコクがイイ感じでソーススープに交わって来る。なかなか美味いソーススープである。

途中でホワイトペッパーをチョイと多めにかけてみる。ほんわりとしたホワイトペッパーらしいマイルドなスパイシーさが、これまた濃厚なソーステイストに刺激を付加する。これ、間違いなくイイのである。

麺は断面四角のウェーブのかかった中細麺。茹で加減やや硬めが良く、ツルモチとした食感がイイ。テンホウのスタンダードな中華麺であるが、ソーススープとも良く合ったりしている。なかなか美味い麺である。

具のマヨネーズのかかったたこ焼きは超アツアツで、皮がカリッ、中身がトロトロ、小さめながらもタコが入っており(当たり前だが)、まさに「焼きたて屋」のたこ焼きで実に美味い。これが3個あるのはポイント高いわ。キャベツ、モヤシはしんなり、特にャ別は甘味が出ていて美味い。あおさノリ、カツオ節、紅ショウガは共にたこ焼きのサポートのみみならず、ソーススープにも違和感なく合っている。前記の如くマヨネーズのコクも然り。刻みネギの薬味感もまずまず。

スープ完飲。我が上官と共に昼ラーに突撃したこちらの店での「タコメン」。それは同じ諏訪発祥の「焼きたて屋」のたこ焼きが3個入った濃厚なソースラーメンで、超アツアツなトロトロたこ焼きがメッチャ美味い上に、濃厚なソーススープが想像以上に美味く、今まで食ったソースラーメンの中でも1、2番の出来の一杯であった。このタコメン、イケますわ、、、

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 84件

コメント

チャーチル・クロコダイルさん、こんにちは。

タコメン!
これは初めてみたスタイルかも。
醤油スープにソースにマヨネーズ、そしてたこ焼き。なんというジャンク感溢れるメニューだろう。
こういう地元企業間のコラボというのも面白いですね。

ぬこ@横浜 | 2019年6月12日 08:25

ぬこ@横浜さん、コメントありがとうございます。

たこ焼き+ソースラーメン、これ、意外とイケましたね。
松本にはこのパターンでのたこ焼き屋が提供するラーメンがあるんですが、
私的にはこちらの方がイケますね。レギュラーになってもイイかも、、、

チャーチル・クロコダイル | 2019年6月12日 20:25