なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば」@炭火焼肉・中華そば 天膳の写真5月某日、昼、本日は松本も先週末の土曜日から三日連続の30℃越えのほぼ猛暑日。しかし今から暑さに負ける訳にはイカン、という事で、諏訪に向かう途中の昼ラーに熱いラーメンを求めて突撃したのはこちらの店。

こちら昨年の夏にオープンした昼は中華そば、夜は高級備長炭の炭火焼肉をメインにした店。豚肉だけ大好きな「豚野郎」としては、夜営業に突撃する事は無いからして、昼の中華そば専門店に初突撃してみる。

11:50着、先客4名、カウンター席に着座、後客2名。早速、メニュー表(メニュー写真)検討、ここは初訪のセオリーでトップの‘中華そば’(780円税込)をイッテみる。「大盛り」は令和に入ってプチ・ダイエットを実行中なので回避。

この一杯、「鶏のダシがしっかりきいた!!」とある。昼はラーメン店、夜は焼肉屋の二毛作店としては私的に気になる「中華そば」。兎に角情報の少ない店であるからして確かめてみたい。店内はカウンターと仕切りのある個室の構成。落ち着きのある店内の雰囲気は上々である。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、ナルト、ノリ、刻みネギが、チー油の張られた醤油スープに乗っている。

スープから。チー油の浮くスープはガラだしのあっさりスッキリとした鶏ガラらしい動物感が味わえ、昔懐かし中華そばっぽい香りが立つ。この落ち着いたガラの香りがイイのである。魚介の関与は駄舌では拾えん。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度は適宜、淡い醤油のコクと味わいがあり、ふんわりと柔らかな醤油感も何ともイイのである。昭和のオヤジには昔懐かしの中華そばの延長上にある醤油スープでなかなか美味いのである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった中細麺。中加水の麺で、茹で加減やや硬めが良く、コナモチとした食感がイイ。あっさりとした醤油スープも乗って来る。スタンダードな中華麺ながらも、こちらも昔の中華そばっぽい雰囲気があってイイのである。

具のチャーシューは豚バラ煮豚チャーシューで、柔らかく、うっすらと醤油の風味が香る味付けが良く美味いのである。メンマは量もあり、本来のメンマ風味を残す薄味付けが実に良く、柔らかサクコリの食感も良好。ナルトは肉厚でサクリとした歯触り、中華そばを名乗るには必須の装備。ノリの磯風味は良好。刻みネギの薬味感も良好。

スープは少しだけ残し。5月らしくない夏日の続く松本での昼ラーに突撃したこちらの店での「中華そば」。それはあっさりとした鶏ガラをベースに、落ち着きのあるどこか懐かしい味わいを覚える醤油スープが、昭和のオヤジには響くところがあり、シンプルな装備もなかなか一つ一つのパーツがしっかりとしていて好印象な一杯で実に美味かった。他の「塩中華そば」や「まぜそば」も気になるところ。豚肉しか食わない「豚野郎」としては夜の突撃は絶対に無いが、昼の突撃はあり得る、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。