なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「坦々つけ麺 ~レモン水仕立て~ (大盛り:サービス券)」@麺肴 ひづきの写真5月某日、昼、本日は月末となり、残業が増えているからしてフレックスで早めに上がって夜は映画鑑賞するつもり。デスクワークの後、サクサクと諏訪の巡回に向かう前の昼ラーに突撃したのはこちらの店。

手間暇をかけた拘りのレギュラーメニューもさることながら、定期的に提供される限定の一杯にも目を瞠るものがある私的鉄板店。今回もそんな美味そうなつけ麺提供の情報を掴んだからして突撃してみる。

11:35着、先客4名、カウンター席に着座、後客10名。ノーチェックであった「毛沢東スパイス」を使用した味噌ラーメンも気になるところであるが、ここは狙いの「ひるめん」の‘坦々つけ麺 ~レモン水仕立て~’(850円税込)を激腹ヘリなのでいつものサービス券で「大盛り」でイク。

今回の一杯、「鶏ガラベースのあっさりとしたスープに、自家製麺ラー油と芝麻醤。レモンを刻んで仕上げたほんのり甘いレモン水に、冷水で締めた中細麺を合わせました。」と言う事。最近プチ・マイブームとして「つけ麺」が来ている私的には食い付きざるを得ないところ。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、冷たいレモン水が張られ、ミズナ、スライス紅タマネギ、レモンピールが乗った麺丼と、真っ赤な坦々つけダレには味付け挽き肉、白ゴマが認められる。

早速麺を浸してガシッとイク。坦々ダレに張られた自家製ラー油は、なかなかオイリーにしてなかなか良好なるピリ辛スパイシーさを発揮しており、芝麻醤での濃厚なゴマのコクもたっぷりと味わえる。坦々ダレの塩分濃度はやや高めも、甘味を排した上品でキリリと締まった酢の酸味とレモン水由来のフルーティーで柔らかな酸味が見事にシンクロしていて実にイイのである。濃厚なゴマのコクと爽やかささえ覚える酸味が絶妙に配された実に美味いマイルドスパイシーな坦々ダレである。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。たっぷりのレモン水に浮かんだ麺は、冷水で締められ細麺ながらもコシがあり、ツルツル、ムチムチとした食感が実にイイ。レモンの仄かな酸味を纏っての喉ごしも爽快。実に美味い麺である。「大盛り」とした麺量も食い応えあり。

具のミズナは多めにあり、シャキシャキのフレッシュな食感が実にイケるし、坦々スープにバッチリ合う。スライス紅タマネギもシャリシャリ、甘味を携えたネギ薬味がイイのである。レモンピールもレモン水と共に絶妙な柑橘系の風味付け。坦々つけダレの挽き肉は甘辛な味付けで、肉っ気のコクを担当。白ゴマも弾けて香ばしい。

最後にお楽しみのスープ割り。たっぷりのガラスープでマイルドに割られ完飲。私的鉄板店での昼ラーでイッた「坦々つけ麺 ~レモン水仕立て~」。最近つけ麺のプチ・マイブームが来ている私的には見逃せない一杯で、ほんのり香るレモンの酸味を纏ったコシある冷たい中細麺と、自家製ラー油と芝麻醤での濃厚なゴマのコクあるプチスパイシーな坦々つけダレとの相性は驚くほどに相性が良く、清涼感を思わせる坦々つけ麺で実に美味かった。それにしても「毛沢東スパイス」が気になる。次回はこれ狙いでイッテみたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 89件

コメント

まだコメントがありません。