なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【数量限定】赤味噌ラーメン (太麺)」@来来亭 塩尻店の写真5月某日、昼、本日5月も最終日。我がDeNAは昨夜の試合も中日に快勝、あの魔の10連敗を超えるヤクルトの14連敗もあり最下位脱出。少し希望が見えて来た?そんな中、我が上官と塩尻巡回の昼ラーに突撃したのがこちらの店。

ご存じ京都風の背脂醤油ラーメンをウリとする滋賀県に本部を置くラーメンチェーン店。中信地区では唯一の支店である。

11:35着、先客3名、二人してカウンター席に着座、後客6名。先ずはメニュー表検討、「来来亭」と言えばネギだくの背脂の浮いた醤油ラーメンなのであろうが、ここは「数量限定」とあるスパイシー系の‘赤味噌ラーメン (太麺)’(790円税別)でイク。

因みにこの一杯、「大盛りは出来ません」、そして「辛さ調節不可」とある。ところでこちらでスパイシー系には他にも以前食った「旨辛麺」があるが、今回の一杯は初食。好みの味噌ラーメンのスパイシーヴァージョンであるからしてイッテ見た次第。真っ赤な写真に期待出来そう。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー3~4枚、メンマ、刻みネギが、白ゴマの浮く真っ赤な味噌スープに乗っている。卓上にある梅干しを2個小皿に取る。

スープから。表面に赤い油がうっすらとマスキングされている事もあり結構アツアツ。鶏ガラベースと思しきマイルドな動物感があり、赤味噌の辛味はまっ赤な色の割にはスパイシーさはマイルドで意外やピリ辛程度。辛さ好きにとってはやや拍子抜け。しかしながら合わせられた味噌ダレの塩分濃度は適宜で、マイルドな辛味の向こうに味噌の風味もほんのり香って悪く無い。以前食った「旨辛麺」よりは辛味は控え目で、まろやかな味噌の旨味が味わえる味噌スープである。

麺は断面四角のゆるいちぢれのある太麺。以前食った「味噌ラーメン」と同じ太麺で、茹で加減や柔らかめでモチモチとした食感がイイ。もうチョイ硬めがイイかも。ゆるいちぢれにマイルド赤味噌スープも絡んで来る。

具のチャーシューは薄切りの豚ロースチャーシュー。柔らかく、脂身のジューシーな旨味がなかなかイイのである。美味いチャーシューである。メンマは塩抜きしたシンプルな味付け。サクサクした歯応えがイイ。ネギは九条ネギで、シャリシャリした食感とフレッシュな風味が効いている。ゴマの風味はライトな辛味に埋没。

スープは少しだけ残し。梅干しはかなりショッパーでスッパー、さっぱりとした口直し。我が上官と突撃したこちらの店での「赤味噌ラーメン」。それは真っ赤っかな見た目に反し、辛味はピリ辛マイルドながらも、味噌の風味がうっすらと立ってなかなか美味かった。但し、太麺は柔わ目であったので、麺の硬さが選べればイイのに、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

コメント

まだコメントがありません。