なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「まるみつ中華そば +味玉:サービス券」@まるみつ中華そばの写真6月、某日、昼、本日は月が替わっての6月、いよいよ梅雨の時期が間近に迫って来る感がある。が、晴天が続く中、久しぶりに松本のゲンバ仕事での昼ラーに突撃したのはこちらの店。

何でも「らあめん 寸八 総本店」の堀江店主が監修の店、と言うふれ込みの以前「麺心 やす葉」(未訪)だった場所に居抜きで入った店。情報では無課長あっさり系の中華そばの店らしい。

13:45着、先客2名、カウンター席に着座、後客1名。取りあえず券売機(メニュー写真)にて、デフォと思しき‘まるみつ中華そば’(750円税込)を、「FREE BOOK」のサービス券で「味玉」トッピでイク。

この一杯、能書きでは「豚と鶏を丁寧に炊き上げ、煮干しの風味と旨味を加えた自慢のスープと、生揚げ醤油をベースに5種類をブレンドした香り高い醤油ダレが、あっさりとした中にクセになる味を醸し出す、当店自慢の一杯。」とある。さて、味わいは如何に?そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、ノリ、三つ葉、刻みタマネギ、そして半味玉2個が、黒っぽい醤油スープに乗っている。

スープから。油浮き少なめのスープには件の動物系のあっさりとしたコクがあり、煮干しの風味がうっすらと被さっている。動物系、魚介系とも突出感は無いものの、落ち着いた旨味が味わえる。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度はやや高め、生揚げ醤油独特のコクと旨味が味わえ、醤油感を前に出した味わい。如何にも「化学調味料不使用」、と言うテイストであるが、昭和の時代から長年課長に嬲られ続けた我が駄舌には若干の物足りなさを感じなくもない。しかしながら落ち着いた旨味のある美味い醤油スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。茹で加減やや硬めが良く、絶妙な歯切れ感のあるツルパツとした食感がイイ。生醤油のスープに良く合うタイプの麺でなかなか美味い上品なテイストの麺である。

具のチャーシューは豚ロースチャーシューで、柔らかながらも締まった肉質感で味付けも良く、豚肉の旨味が味わえる。メンマは柔らかサクサクとした食感、薄醤油の味付けがイイ。、ノリ、三つ葉は和の香りの薬味を演出。刻みタマネギの甘味のあるネギ薬味感が効いている。味玉は薄醤油の味付けで、黄身が濃くて美味い。

スープは少しだけ残し。松本のゲンバ仕事の昼ラーに、開店3カ月を経過した私的突撃猶予期間の経過したこちらの店での店名を冠した「まるみつ中華そば」。それは「化学調味料不使用」を謳った生醤油の香り立つ和のテイストは、正直、長年課長に嬲られ続けている我が駄舌には若干の物足りなさを覚えなくも無いのであるが、落ち着いた味わいの醤油ラーメンで美味かった。次回は最近私的にハマッている「つけ麺」でイッテみたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。