なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ちょもつけ麺」@俺らラーメン ちょもらんまの写真6月某日、昼、本日は週の頭の月曜日、午前中は松本のオフィスにてデスクワーク、その後、諏訪~松本の巡回に向かう前の昼ラーに突撃したのはこちらの店。

「鯵」「鰯」「鯖」の魚介3兄弟をウリとする私的贔屓店。以前の幼馴染である二人のオーナーから経営権が変わった?とのウワサもあるが、その魚介3兄弟を目当てに定期的に突撃している店である。

12:45着、先客4名、カウンター席に着座、後客2名。早速メニュー表(メニュー写真)検討、魚介3兄弟も捨てがたいが、ここは最近「つけ麺」がプチ・マイブームとなっているからして‘ちょもつけ麺’(880円税込)でイク。

こちら「濃厚こってりスープ 男性に人気!!」と言う系統のつけ麺。「全粒粉の専用麺、スープと麺のどちらも楽しめる一杯!」と言う事で、「ちょもラーメン」ともども、魚介3兄弟の隙間を縫って時々イッテいる品である。そして待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、岩ノリ、キャベツ、刻みネギの乗った麺丼と、黄褐色の豚骨魚介のつけダレにはチリペッパーが浮いている。

早速麺を浸してガシッとイク。黄濁したつけダレには軽粘度があり、豚骨主体のまったりとした濃厚な動物感のあるコクと旨味があり、同時に節系魚介の風味と味わいが魚介3兄弟程では無いものの、きっちりと効いている。この動物系と魚介系のバランスが相変わらず良好でイイのだ。合わされたカエシの塩分濃度は高めで、塩味は強めながらも僅かな甘味もありなかなか濃厚な口当たり。むしろ塩味が豚骨魚介の味わいを締めていてイイのである。カイエンペッパーでの辛味はほとんど塩味に埋没。濃厚な豚骨魚介のテイストが味わえる実に美味いのである。

麺は断面四角のちぢれのある太麺。加水率高めの麺で、少しくの全粒粉が練り込まれているのが分かる。茹で加減硬めが良く、なかなか強靭なコシがあり、ムチムチ、プリプリとした硬派な粘着感のある食感が実にイイ。ふんわりと全粒粉の風味も味わえる。実に美味い麺である。

具のチャーシューは豚バラロールチャーシュー、しっとりと柔らかく塩味の効いた味付けが美味い。メンマは極太、薄醤油の味付けが良く滲みており美味い。加えて柔らかサクサクとした食感が実にイイのである。岩ノリはパリパリ、つけダレにどっかりとぶち込み柔らかくなっての磯風味を存分に味わえる。この磯風味がつけダレの豚骨魚介の味わいと絶妙にマッチしてイイのである。キャベツは軽く湯掻かれ、しんなりと柔らかで甘味がたっぷり。刻みネギの薬味感はまずまず。

最後にお楽しみのスープ割り。刻みネギの浮いたあっさりとした魚介出汁したの入った器が供され、全投入。塩味も適度に和らいでの豚骨魚介テイストを楽しむ。

もちろん完飲。諏訪に向かう前の昼ラーに突撃したこちらの店での「ちょもつけ麺」。それはまったりとした豚骨の動物系と節系魚介の魚介系の旨味とコクがバランス良く融合した塩味の効いたつけダレに、全粒粉の混じったコシのある太麺でイク、チョイと骨太な味わいのつけ麺で相変わらず美味かった。こちらのウリの魚介3兄弟の「魚介しょうゆラーメン」のみならず、このちょも系のつけ麺(ラーメンも)も実にイケるのである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 40件

コメント

まだコメントがありません。