なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【限定】台湾ラーメン+半炒飯」@中国料理 竹園の写真6月某日、昼、本日は松本のオフィスにてのスカイプ全国朝会~ミーティング。ところで本日からプロ野球は交流戦に突入、現在同率4位の我がベイスターズもここで例年の様にコケなければ充分にCS進出のチャンスがある。一時は終わったかと思っていたシーズンも再び期待が持てると言うもの。そんな中、同僚と昼ラーに突撃したのはこちらの店。

11:40着、先客2名、二人してテーブル席に着座、後客4名。こちら、ランチ限定としての炒飯セットが意外と良さ気。幾種類かある中で今回は‘台湾ラーメン+半炒飯’(780円税込)にキメ。思えばまだこちらでは「台湾ラーメン」を食っていなかった。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、タカノツメの混じった挽き肉味噌、モヤシ、ニラが、醤油スープに乗っている。セットの炒飯は例によって豚挽き肉、玉子、ネギが認められる。

スープから。油浮きのほとんど無い醤油スープはおそらく業務用の醤油スープをあっさりのガラだしで割った仕様かと。塩分濃度は適宜で、まろやかな醤油の味わいに少しくの甘味が拾え、課長の部長級の働きのウマミがたっぷり。そして辛味はほとんど無し。如何にもこの手の中華料理屋での「台湾ラーメン」らしいテイストである。悪くはないのである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった中細麺。茹で加減やや硬めが良く、ツルモチとした食感がイイ。いつものスタンダードな中華麺である。

具の挽き肉味噌は粗目の豚挽き肉で、薄甘醤油での味付け。輪切りのタカノツメも入っているが、辛さはほとんど無い。モヤシはしっとり、意外と量があるのがイイ。ニラの薬味感もなかなか良かったりする。

炒飯は今回はチョイとベタつきがあるが、豚挽き肉と玉子のマイルドなコクに塩コショーの味付けでそこそこ美味いのである。初期に比べるとややボリュームダウンがあるが、私的には丁度イイ。

スープは少し残し。松本の昼ラーで突撃したこちらの店での「台湾ラーメン+半炒飯」。この手の中華(台湾)料理店では私的指針のひとつとしている「台湾ラーメン」を、こちらで始めてイッタが、具の挽き肉もそこそこあり、辛さはほとんど無いもののオーソドックスな台湾ラーメンテイストで美味かった。こちらの店では当面半炒飯のセットとなるランチセットが続くであろう、、、

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

コメント

チャーチル・クロコダイルさん、こんにちは。

味仙@名古屋の台湾ラーメンのようなインパクトはないですが
こういう担仔麺スタイルの台湾ラーメンのいいですよね。
この一杯の場合、何気に挽肉がたっぷり入っているのも良さげです。

ぬこ@横浜 | 2019年6月23日 13:16

ぬこ@横浜さん、コメントありがとうございます。

「味仙」とは違うこの手の大陸系(台湾系)台湾ラーメンらしいテイストでしたが、
確かに挽き肉はボロボロあって良かったです。
店ごとにビミョーに違ったテイストがイイですよね、、、

チャーチル・クロコダイル | 2019年6月24日 08:41