なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「濃厚つけ蕎麦」@つけ蕎麦 中華蕎麦 尚念の写真開店時間の11時を幾分過ぎたタイミングで訪店。先客は5名。前回、大盛(300g)を注文して途中から苦しくなり大変後悔したため、さすがに小盛(130g)では少なかろうと普通盛(200g)を選択。セルフの水を手に、案内されたカウンターに着席。先客分が配膳された後、待つこと数分で着丼。
表面に浮かぶ全粒粉の粒が眩しい太麺が清流のごとく揃えられ、えもいわれぬ美しさと力強さで視覚に訴えてくる。いわゆる「麺線」の美しさは健在である。
濃厚の名のとおりのつけダレはグラグラと沸き立ち、シメられた麺を受け入れる準備は万端である模様。
美しい麺線を崩すことへの若干の躊躇と拮抗する我が横暴なる食欲のなすがまま、表面に蛋白質の膜が張る濃厚つけダレに極太麺を浸し、獰猛に食す。
ラーメン、日本蕎麦、焼きそば、うどんに限らず、あらゆる麺類にコシを求める「コシの求道者」たる小生にとって、この麺の弾力は実に良い!小麦の香りが楽しめ尚かつ最高の弾力を保つ麺が、丁寧に抽出された豚骨ベースの魚介系のタレを絡ませ、味蕾から神経細胞を通じて「これは旨いぞ」という強烈なパルスを脳細胞に送り続ける。我が味覚中枢はゴジラの如く爆発寸前である。
タレの中に浮かぶメンマも極太でシャキシャキ感が堪らない。薬味のネギと柚子の援護射撃も絶妙なバランスを醸し出す。
丁寧に茹でられた2枚の鶏チャーシューと豚バラチャーシューはタレとの相性も抜群。以前のレアチャーシューも良かったけれど、今回のような豚チャーシューのほうが好みかもしれない。
最後に割りスープを頼み、火傷に注意しながらも、魚粉漂うスープを一口ずつ慎重にレンゲで、でも最後は器から直接飲み干す。

久々のこの店のつけ麺。幸福感ハンパない一杯でありました!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。