なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ごぐにぼ+もも肉チャーシュー+煮玉子」@長尾中華そば 東京神田店の写真しみじみ美味いなぁと堪能しました。
 
 煮干しの拉麺というと、一時期、私は「いづる」に入り浸っていた頃があったが、ある時期を境にピタッと行かなくなった。たしかに今食べても美味いと思うだろうが、おそらく、あの塩分濃度の高さに体が拒絶反応を示したのではないかと解釈している。神田駅周辺で煮干しを売りにしている店でも、「すごい煮干しラーメン」系列の店でもそうだが、どこでも、煮干しの濃度を上げようとすると、それに比例して、煮干しに由来する塩分の濃度も上がってしまう。最初は美味く感じるのだが、食べるうちに少し苦しくなっていく。本来の煮干しは、みそ汁の出汁がそうであるように、こんなに前面に出てくるものではないはずのものである。だから、煮干しを前面に押し出す拉麺は、煮干しの本来の使用法に反しているのである。そこから、煮干し拉麺を作る側の葛藤や工夫が求められることになるのである。

 この「長尾中華そば」が提供する一品は、高水準の煮干しの濃度を維持しながら、塩分濃度をきちんと抑制している。「美味い」と思いながら、身体の奥底で拒絶反応を引き起こしかねない過激な要素をきちんと取り除いている。それは、人によっては物足りないという印象を引き起こすかもしれないが、少なくとも私には、危ういバランスを取りながら、塩分過多に振れることなく、煮干しのもつ旨味を最大限に引き出しているように感じられた。

 トッピングの「もも肉のチャーシュー」もおいしい。昔のチャーシューは皆こうだった。低温調理などという詰まらない技法に走らず、昔からのチャーシューの作り方に従ったチャーシューは掛け値なく美味い。昔風のチャーシューが好きな私には、これだけでここに通う理由になる、と思われるほどだった。  
 
 惜しむらくは、立地がいま一つ不便で店舗が狭すぎるということ。店舗が狭いと、女性は入りたがらない。煮干しの拉麺を好む女性が少なくないことを私は経験的に知っているが、現状の店舗では女性は入りづらいだろう。その点を改めると、もっともっと人気化すると思うのだが。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。