なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

13:15頃到着したところ、ほぼ満席。後続も途切れず、時折、店外待ちも発生していた。流石の人気ぶりだ。店内は割と広めで、厨房を囲む長いカウンターの他、奥の方にはテーブル席も設けられている。程好く清潔にされており居心地はまずまず。男性4名女性1名による切り盛りで、接客は良好。

本メニューを選択。結構待ってから配膳された。

麺は、グレーがかった色合いのストレート太麺。角ばった断面を有する。
綺麗に畳まれて供され、表面の艶やかな光沢が食欲をそそってくれる。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、しっかりとしたコシと歯応えを有している。瑞々しさを伴うツルツル&モッチリ食感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。小麦の風味旨みもしっかりと感じられる紛れも無い上質の麺だ。勿論、つけ汁との相性も申し分無し。
量は並で220gとの事。自分には程好い満腹感が得られた。

つけ汁は、濃いめの色合いに茶濁。トロみがしっかりと感じられる。
麺をつけて食べてみると、動物系、魚介系いずれの出汁も濃厚に抽出されており、コク、旨みに文句無し。濃厚さの割に、クセや重さはキッチリと抑えられている。この系統としてはオーソドックスな方向性、バランスで、本家「とみ田」程のヴィヴィッドな出汁感では無いが、十分以上のクオリティだ。
タレの立ち方、塩分濃度は適度。過度のトガりは無いものの、最後まで飽きの来ないキレがもたらされている。この系統らしい甘み、酸味は程好く付与されており、全体としてのバランスも良好。
最後、スープ割りを頼んだが、魚介系の風味旨みが増して美味。結局、完飲してしまった。

具は、概ねつけ汁に入れられている。
チャーシューは、やや小ぶりだが十分な厚みを有する巻き豚バラ肉が1切れ。良質の肉がプリプリという質感に仕上げられている。肉自体の旨みを生かす適度な味付けも良く、非常に美味。
太いメンマ2本は、強めのサクサク食感が実に心地良い。味付けも丁寧に施されており、非常に良い箸休め。
他に、つけ汁の中央に浮かぶ適量の刻み葱と柚子皮小片、海苔1枚、魚粉。
麺側に乗る味玉は、黄身ネットリの仕上がり。濃厚な味わいで美味。

正攻法で丁寧に作り上げられた王道的濃厚豚魚系つけ麺。本家「とみ田」のつけ麺と比較してしまうと、特別感、突き抜け感に劣るのは明白だが、クオリティの高さは申し分無く、しっかりと楽しむ事が出来た。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。