なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「とんこつ醤油ラーメン ※かため&中太麺」@麺や 花の写真6月某日、昼、本日は午後から先日打合せした岐阜チームの担当と共に飯田の得意先との商談。その前の腹ごしらえの昼ラーに単独突撃したのはこちらの店。

何でも以前は名古屋で開店していて、かつての「蒼空 飯田店」の建物に居抜きでOPした店。昨年も突撃した東京「あぶらー亭 桜上水本店」での修行がある「油そば」がウリの店。

11:45着、先客4名、カウンター席に着座、後客6名。取りあえず前回から新調なったメニュー表(メニュー写真)から「油そば」は食ったので‘とんこつ醤油ラーメン’(780円税込)をイッテみる。

この一杯、「麺の硬さ」と「麺の太さ」が選べるので、それぞれ「かため」の「中太麺」でオーダーする。修業先同様に「油そば」がおススメの店らしく、客のほとんどは「油そば」系を注文している。そんな中の「ラーメン」の実力は如何に?そして待つ事9分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、半味玉、キクラゲ、白ゴマ、刻み小ネギが、ラードの浮く豚骨醤油スープに乗っている。

スープから。結構アツアツ、ラードの多めに浮くスープは、豚骨のライトなクサミを放ち、それなりの豚骨の炊き出し感があって動物感は充分に味わえる。「豚野郎」としては満足出来る豚骨テイストである。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度は高めで、醤油感は「とんこつ醤油ラーメン」という事であるが、家系よりも装備も含めて九州博多系に近いテイスト。課長の関与も適度にあり、ウマミもある。それなりの豚骨感が味わえるなかなか美味い豚骨醤油スープである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった中太麺。加水のある麺で表面はツルツル、茹で加減硬めが良く、ツルムチとした食感がイイ。しかしながら、装備も含めてテイストが九州博多系寄りであるからして、加水率少な目の細麺が合いそうだ。

具のチャーシューは豚バラチャーシュー、薄醤油の味付けでなかなか美味し。半味玉がデフォであるのがチョイと嬉しい。薄味付けで普通に美味い。キクラゲは刻みで、コリコリの食感が良く、豚骨醤油スープに良く合う。白ゴマはプチプチ弾けて香ばしい。刻み小ネギの薬味感は爽やかに効いている。

スープ完飲。飯田での商談前の昼ラーに突撃したこちらの店での「とんこつ醤油ラーメン」。一見、家系をイメージして麺を中太麺でセレクトしたが、スープは豚骨の炊き出し感がある博多系の豚骨テイストで悪くは無かったが、加水少な目の細麺が相性が良い印象。しかしながら好みの豚クササも味わえ、装備も博多系でそれなりに揃っているのはイイ。機会があれば細麺でイッテみたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。