なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「Soy屋味噌らーめん」@めん処-soy屋!の写真7月某日、昼、本日から月が替わっての7月。諏訪から上田~千曲~長野への巡回の途中、昼ラーに茅野で我が社の爺やと落ち合って、来月の横浜スタジアムでのG戦観戦プチ旅行の打合せ。突撃したのはこちらの店。

こちら松本「石井味噌」の「過熱殺菌せずに醸造した、酵母・乳酸菌などの善玉菌が生きたままの「生味噌」」を使った味噌ラーメンがウリの店。今回もその味噌ラー狙いで突入する。

13:50着、先客5名、二人してテーブル席に着座、後客2名。取りあえず新調なったメニュー表(メニュー写真)検討、店名を冠した‘Soy屋味噌らーめん’(720円税別)でイッテみる。爺やもこれに続く。

こちらの味噌系、何でも「非加熱醸造・醗酵促進剤無添加、出荷の際に醗酵を抑えるアルコールも無添加という逸品で、発酵が進むためラーメンには不向きと言われていた善玉菌を含む“生味噌”を使用した味噌ラーメン」と言う事。飾らない素朴な味わいに好感が持てるのである。そして待つ事8分、着丼。

ビジュアルは、軟骨チャーシュー、半味玉、野菜炒め(キャベツ、タマネギ、モヤシ、ニンジン、ニラ、キクラゲ)、コーン、白ゴマが、味噌スープに乗っている。

スープから。ベースはあっさりとしたガラだしスープで、すっきりとした動物感が味わえる所謂シャバ系。そこに合わせられた味噌ダレは「酵母・乳酸菌が生きたままの天然の生味噌」と言う事で、柔らかでまろやかな信州味噌の風味と味わいが味わえる。塩分濃度も適宜であり、味噌の香りと多彩な野菜類からの旨味も交わり、ニンニク、ショウガや香辛料を抑えてあるので素朴で優しい味噌の味わいを十分に味わえる。実に美味い味噌スープである。

麺は断面丸目のゆるいウェーブのある太麺。茹で加減やや硬めに揚がり、モチモチとした食感とコシが実にイイ。因みに自家製麺という事。実に美味い麺である。

具の軟骨チャーシューは「豚一頭からわずか数百グラムしか取れない希少部位「バラ先軟骨」をトロトロに煮込んだコラーゲンたっぷりの軟骨チャーシュー」という事。味付けも良く、軟骨もまさに柔らかトロトロで実に美味い。半味玉はうっすらと醤油ダレが滲み、黄身がトロトロで美味い。野菜炒めは150gという事。何れもしゃきしゃきの歯ごたえが残っており、野菜の甘味、旨味が良く出ていて美味い。キクラゲのコリコリの歯ごたえも効いている。白ゴマはプチプチ弾けて香ばしい。

スープ完飲。来月のプチ旅行の打合せで我が社の爺やと共に突撃したこちらの店での「Soy屋味噌らーめん」。それは店名を冠しただけあり、チョイと珍しい「軟骨チャーシュー」が装備され、「酵母・乳酸菌が生きたままの「天然の生味噌」をベースとした味噌ラーメンは、パンチは無くともまろやかで素朴な信州味噌の風味が味わえ、多彩な野菜も装備されていて実に美味かった。次回はこちらの「醤油」も気になるのでこれでイッテみたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

まだコメントがありません。