なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「まるみつつけそば (ノーマル) +味玉:サービス券」@まるみつ中華そばの写真7月某日、昼、本日は松本でのゲンバ仕事、相変わらずの梅雨空らしい曇天が続いてうっとうしい。加えて、我がベイスターズの昨夜のG戦での敗戦もあってココロはブルー。そんな中、お楽しみの昼ラーに突撃したのはこちらの店。

松本の人気店「らあめん 寸八 総本店」の堀江店主が監修の無課長スープを謳うラーメン店。前回突撃時にチョイと気になった「つけ麺」狙いで突撃する。

13:25着、先客7名、新たにお目見えの「まぜそば」も気になるところであるが、ここは券売機にて狙いの‘まるみつつけそば (ノーマル)’(800円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客無し。サービス券で「味玉」をトッピする。

今回の品、能書きでは「まるみつ中華そば自慢のスープに鰹節や鯖節など魚介系の濃厚な旨味をプラス。風味の強いつけダレに負けないよう、麺は歯ごたえのある太麺に。噛み締めるたびに口いっぱいに広がる旨味をお楽しみください。」とある。美味そうだ。そして待つ事6分、着丼。

ビジュアルは、三つ葉、ノリ、そして半味玉2個が乗った麺丼と、豚骨醤油のつけダレには、ブロックチャーシュー、メンマ、唐辛子、刻みタマネギが認められる。

早速麺を浸してガシッとイク。細かな背脂が混じったつけダレは粘度が高く、濃厚な動物感と大量の節粉での魚介の風味も高く、鮮烈な味わい。節粉はキメ細かく、ザラツキが無い。動物感も魚介感も非常に濃ゆいのがメチャメチャイイのである。合わせられた醤油のカエシもややショッパーながらも、濃厚な濃口醤油の味わいとコクがあり、過度な酸味、甘味が無いのがイイ。兎に角、動物系と魚介系の旨味が凝縮していて「化学調味料不使用」にありがちな物足りなさは微塵も無い。実に美味い濃厚豚骨魚介のつけダレである。

麺はエッジの立った断面四角のゆるいウェーブのかかった太麺。茹で加減硬めで、強靭なるコシを伴ったゴワムチとした食感が実にイイ。小麦の風味も味わえる。能書きにある様に濃厚な豚骨魚介醤油のつけダレに対峙出来ている。実に美味い麺である。

具のチャーシューは、豚ロースのサイコロチャーシューが4~5個で、切り落としながらも醤油ダレの味付けが滲みていて美味い。メンマは薄醤油の味付けの柔らかサクサク食感。唐辛子はプチスパイシー。刻みタマネギの甘味のあるネギ薬味感が効いている。三つ葉は和の風味がしっかりと感じ取れる。ノリは小ぶりも磯風味は高い。味玉は薄味付けも黄身がトロトロで美味し。

最後にスープ割り。あっさりとした出汁で適度に割られ、濃厚さもマイルドになった豚骨魚介スープを最後の一滴に至るまで飲み干す。

もちろん完飲。松本のゲンバ仕事での昼ラーに突撃したこちらの店での「まるみつつけそば 」。それは濃厚な鶏豚の動物感と、きめ細かな節系での魚介感が織りなす重厚にして重層的な旨味が凝縮した豚骨魚介のつけダレに、強靭なるコシの太麺でイク久しぶりに出会ったインパクトのあるつけ麺で実に美味かった。無課長では信州でも屈指の濃厚豚骨醤油つけ麺である、と断言したい。これ目当ての再食は必至だが、次回は気になる「にぼシビレまぜそば」をイッテみたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

まだコメントがありません。