なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「豚骨醤油らあめん 〈中〉 +味玉:サービス券」@豚骨らあめん専門店 とんこつ家ZUNの写真7月某日、昼、本日は七夕、梅雨らしい曇天の続く松本での連日のゲンバ仕事。尤も旧暦で祝う信州は余りピンとこない。そんな中、お楽しみの昼ラーに突撃したのはこちらの店。

松本の人気店「らあめん 寸八 総本店」の姉妹店で、本店譲りの家系インスパの豚骨醤油ラーメンを軸として展開している店。今回はウリとするその豚骨醤油ラーメンを狙うつもり。

13:45着、先客1名、カウンター席に着座、後客無し。取りあえずメニュー検討、ぐるりと店内を見回しても「限定」らしき一杯が見当たらないからして予定通り‘豚骨醤油らあめん 〈中〉’(850円税込)をいつものサービス券で「味玉」でイッテみる。

改めてメニュー表を眺めながらスタンバる。こちらのレギュラーメニューは「豚骨醤油らあめん」、「豚骨味噌らあめん」、「王様中華そば」、「激辛ONI」、「豚骨魚介つけめん」、「天ぷらラーメン」の6系統。本家には無い「激辛ONI」、「天ぷらラーメン」も魅力的である。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、ホウレンソウ、ノリ3枚、刻みネギ、そして味玉が、豚骨醤油スープに乗っている。基本、家系を踏襲したビジュアルである。

スープから。適度なチー油が浮くスープはライトな豚クサーが漂い、豚骨の炊き出し感あるクリーミーな豚の旨味が味わえる。本家「らあめん 寸八 総本店」に比べると気持ちマイルドではあるが、豚のコクもキッチリと漂っている。イイのである。合わせられたカエシは塩分濃度はやや高めながらも、豚骨のコクと旨味をしっかりと支えている。加えて課長の効きも良く、ウマミも上手く融合している。マイルドな家系豚骨醤油のテイストを味わえる実に美味いスープである。

麺は断面長方形のほぼストレートな太麺。茹で加減やや硬めが良く、モチモチとした食感が実にイイ。小麦のライトな風味も味わえる。こちらも家系らしさ、を味わえる実に美味い麺である。〈中〉の麺量が適量である。

具のチャーシューは豚ロースチャーシュー。薫香が漂う「かま焼焼豚」で、これはこちらの店のオリジナル。うっすらと燻製の様な芳ばしい香りがあり、薄味付けでの豚肉の旨味が味わえて美味いのである。ホウレンソウはしっとりしていて美味い。ノリはパリッとしていて磯風味がしっかりと香る。刻みネギの薬味感は弱め。味玉は醤油の香りがうっすらと香る美味いモノ。

スープはほぼ完飲。連日の松本でのゲンバ仕事の昼ラーに突撃したこちらの店での「豚骨醤油らあめん」。それはマイルドながらもクリーミーな豚骨の旨味を伴った横浜家系インスパの豚骨醤油の味わいを楽しめる看板の一杯で安定した美味さが味わえた。こちらの店のオリジナルある「かま焼焼豚」も美味い。駅前でも「寸八」のテイストをトレースした豚骨醤油の味わいが楽しめる貴重な店である、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 14件

コメント

まだコメントがありません。