なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「真鯛らぁめん(塩)」@おいらの一途な一杯の写真7月8日オープンの新店舗。首都圏では浸透しつつある、鯛に特化したラーメンを提供する期待のラーメン店が、ついに信州に登場。
スープからは、純粋に鯛のみにこだわった出汁が醸し出す、気品に満ちた芳香が立ち上る。この究極の出汁の引き立て役は、シンプルな塩。主役の魅力を最大限に引き出す助演男優(女優)賞を与えるにふさわしい縁の下の力持ちとして、とてもいい仕事をしている。
松本の老舗である清水製麺所のケースが並べられていることからも、このスープに合わせるべき麺の在り方についての多角的なディスカッションが繰り広げられたであろうことは容易に想像がつく。
軽くウェーブがかかった細麺が、モチモチとした食感を伴って、この繊細な味わいのスープとの見事な一体感を醸し出している。
チャーシューもなんと鯛。スープの熱による表面のタンパク質の固形化により、極短時間でレアチャーシューが完成するのも計算のうちとは恐れ入る。
動物色を完全に排した、魚介系ラーメンの一つの到達点とも言える、見事な一杯でありました。
追伸:ラーメンに白米はあり得ないと、断じてラーメンにライスは頼まないことを主義としておりましたが、このスープでお茶漬けを食べてみたいという欲求に抗えず、お茶漬けセットを頼んでしまいました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。