なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「鶏の中華そば(750円)」@麺屋かなでの写真7/13(土)17:50 前1後2 

陽の居抜き。鶏そばということだが、ネオまたおま系のように醤油だれが強めに出ることはなく、マイルドなコクをもった出汁感が前面にでている。ほんのりした甘みがあり、割と自分好み。微妙に濁りがあるような気もするが、いずれにせよ、この味わいは鶏だけという感じではなく、野菜に乾物も使っているような印象を受けた。表面の香味油は鶏油だろうか、軽いまったり感がスープにコクをプラスしている。

村上製麺の細平麺ストレートは、ほどほどにしなやかな腰をもち、歯ごたえは丁度よい。小麦の風味はそこそこ。

具は、穂先メンマ。チャーシューは、豚と鶏。前者は脂身少ない肩ロースらしき部位で、低温調理物らしく、しっとりしていた。後者はモモだろうか、白っぽくサクサクした食感で、味付けはあっさり。ワンタンが2個載っていたのは驚いた。ワンタンメンではないデフォでも載ってくるようだ。餡は小さいもので、皮はちゅるちゅるした食感を楽しめておいしかった。

醤油の切れではなく、出汁で食わせるタイプで、ネオまたおま系とは一線を画した一杯だった。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんばんはぁ~♪
昔の「純子」の跡地なんですね。
かなでってあの「かなで」?

mocopapa | 2019年7月15日 22:38

mocopapaさん、おはようございます!

そうです。純子→陽と入れ替わり、その次に入ったところになります。
純子の前もラーメン屋で、入れ替わりの激しい場所です。

あの「かなで」とは無関係だと思います。確認していませんが。。ひらがなだし。

なまえ | 2019年7月16日 07:24