なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【限定】もやしラーメン+半炒飯」@中国料理 竹園の写真7月某日、昼、本日は7月最後の松本のオフィスでのミーティング。ここに来て昨日、関東甲信地方も梅雨明けとなり、漸く信州の短い夏が到来した。そんな中、同僚と昼ラーに突撃したのはこちらの店。

11:35着、先客2名、4人してテーブル席に着座、後客3名。取りあえず事前に入口の黒板にあった限定の「日替りランチ」から‘もやしラーメン+半炒飯’(780円税込)を注文する。

前回は「夏限定」の冷たい「ざる中華」をイッタのだが、夏全開となり我が家の家訓「暑い夏は熱いラーメンを食って制する」に則り熱いラーメンでイク。ところで初食となる「もやしラーメン」だが、ウワサに聞く「サンマー麺」なのか?期待して待つ事6分、着丼。

ビジュアルは、豚肉、モヤシ、タマネギ、ニンジン、タケノコ、ニラが、醤油スープに乗っている。肉と野菜類には甘醤油の緩い餡かけが施されている。

スープから。ガラだしのあっさりとした醤油スープにはそれなりの穏やかな動物系をベースにしたコクがある。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度はやや高めも醤油のまろやかなコクとクドさの無い甘味がある。そしてそこに野菜類、特にモヤシの旨味が介在して来ると、まったりとした野菜の旨味のある甘醤油のテイストとなってイイのである。なかなか美味い醤油スープである。

麺は断面四角のちぢれのある中細麺。茹で加減硬めが良く、パツパツ、モチッとした食感がイイ。こちらのいつものスタンダードな中華麺である。

具の豚肉は千切りで、うっすらと餡かけの甘醤油が絡んでの豚の旨味が味わえる。モヤシはシャキシャキ、脂で炒められてモヤシの旨味が良く出ていて美味い。タマネギ、ニンジンは共に甘味がある。タケノコは水煮の千切り、旨味が出ている。ニラは少量。全体が緩めの甘醤油の餡かけに包まれていて美味いのである。

炒飯は豚挽き肉、玉子、グリーンピース、刻みネギが認められ、パラパラに炒められている。豚挽き肉とふわりとした玉子の旨味が美味いのである。半炒飯でも量的には充分である。

スープは少しだけ残し。漸く梅雨が明けた日の昼ラーに熱いラーメンを求めて突撃したこちらの店での「もやしラーメン+半炒飯」。それは甘辛醤油ダレでの緩い餡かけに包まれたモヤシを主とする野菜類、豚肉が乗った醤油ラーメンで、モヤシの旨味が醤油スープに合わさって実に美味かった。本場の「サンマ―麺」は食った事が無いのだが、この「もやしラーメン」、なかなかイケるのである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件

コメント

まだコメントがありません。