なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「とんこつ・しょうゆ 並」@麺屋 壱の写真9月某日、夜、本日は休み、先々週に続きまたまた高山に行き、昼ラーに2軒、その後「臥龍の郷」で温泉に浸かり、おやつラーにも2軒、その後は「平湯温泉」の「平湯の森」でもゆっくり湯治とのんびりすごす。そして松本に戻り、夜ラーに突撃したのはこちらの店。

市内両島の「麺屋 壱」がこちらに移転して早や6年、横浜のラーメン店で修業したと言う店主の営むクリーミーな家系インスパがウリの店。本日はあっさりの高山ラーメンが続いたからして、チョイと豚骨醤油で〆るつもり。

18:55着、先客7名、カウンター席に着座、後客無し。取りあえずメニュー表検討、ウリの家系インスパの「とんこつ」から“とんこつ・しょうゆ 並”(720円税込)でイッテみる。家系お決まりの麺の好みを選べるが、ここは申告せずに全て「普通」でイク。

今回の一杯、「しょうゆ」の他に「しお」「みそ」が選べ、「特濃!極旨!!人気No.1」と言う品。両島時代には無かったチンタンスープも同様に3種類の味から選べるのが特長。店内はほとんど豚骨クササが漂っていないが、別の場所で炊き出ししているのか?そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、ホウレンソウ、ノリ3枚、刻みネギが、白濁した豚骨醤油スープに乗っている。

スープから。適度なチー油玉の浮くスープは、軽度のトロミがあるものの豚骨のクサミやクセを抑えた動物感があり、口当たりはクリーミー。濃厚ではあるが、何処か骨粉の様な粉っぽさを覚える不思議なスープである。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度は適宜で、醤油感はほとんど感じられない。課長のウマミも適度にある。濃厚ながらも塩味が淡く、クリーミーなので「豚骨ポタージュスープ」のテイスト全開。不思議とクセになるクリーミー豚骨醤油スープでなかなか美味いのである。

麺は断面四長方形のほぼストレートの平太麺。茹で加減丁度良く、モチモチとした食感は家系をイメージさせるものがあり、なかなか美味い麺である。

具のチャーシューは、豚バラロールチャーシューで、薄味付けで柔らかくなかなか美味い。好みの脂身が多いのがイイ。ホウレンソウはやや柔らかめ、もうチョイ硬めがイイ。ノリはそこそこの磯風味があり、麺を巻いて食うのがイイ。刻みネギの薬味感は希薄。

スープは少しだけ残し。休日の高山遊山の帰りの夜ラーに本日5杯目となるラーメンを求めて突撃したこちらの店での「とんこつ・しょうゆ」。それは白濁した濃厚豚骨醤油スープながらも、醤油感をほとんど覚えず、塩味も抑えられた「クリーミー家系インスパラーメン」の味わいが相変わらず健在の一杯。家系としてのキレやパンチは希薄だが、何故か時々食いたくなるクリーミーな豚骨醤油ラーメンである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 12件

コメント

まだコメントがありません。