なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【限定】煮干し醤油そば (大盛り:サービス券)」@麺肴 ひづきの写真9月某日、昼、本日は松本でのゲンバ仕事。ところで我がベイスターズは昨夜のG戦で延長戦の上、逆転負けで結局今シーズンは憎っくき巨人の胴上げに終わった。しかしまだ日本一の可能性は残っているから、最後には笑って終わりたいものだ。そんな中、昼ラーに突撃したのはこちらの店。

レギュラーメニューは勿論、平日昼限定の「ひるめん」など限定で提供されるラーメンのクオリティーの高さに揺るぎないものがあり、松本の人気ラーメン店の一店にして私的鉄板店のひとつでもある。

14:05着、先客7名、カウンター席に着座、後客6名。先ずはメニュー検討、壁メニューに「限定」での2種類の煮干し系を発見、うち、背脂入りも捨て難いがここはデフォでの“煮干し醤油そば”(850円税込)をいつものクーポン券で「大盛り」でイク。

この一杯、詳細は不明ながらも、勝手に名付けて「魚介のソーサラー(魔術師)」である店主が繰り出す一品であるからして「ニボラー」としても期待せずにはいられない。そして待つ事7分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、ホウレンソウ、ゆづピール、刻みネギが、煌めく銀粉が浮く醤油スープに乗っている。

スープから。多めの煮干し由来の銀粉が混じったスープからは、煮干しの香りが立ち上り、実際煮干しはエグミやニガミを排し、丁寧に抽出された感がひしひしと伝わり、ひづきらしくスープの隅々までかっちりと上品に効いている。同時にガラだしでの動物系のあっさりとしたコクも味わえる。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度はやや高めながらも、キリッとした塩味の響く濃口醤油の深みのあるコクと旨味が味わえる。煮干しの出汁と醤油のカエシの調和もお見事、実に美味い煮干し醤油スープである。

麺は断面長方形のストレートな平打ち麺。茹で加減やや硬めが良く、しなやかで滑らかな麺肌を感じるツルムチとした食感が実にイイ。滑る様な喉ごし良好。実に美味い麺である。例によって「大盛り」の麺量も適宜である。

具のチャーシューは大判の豚バラロールチャーシュー。軽く炙りが入って香ばしく、薄味付け故に豚肉のジューシーな旨味が味わえる。美味いのである。メンマは「ひづき」らしい甘醤油で良く煮付けた柔らかごん太メンマ、サクサクとした食感が美味い。ホウレンソウは歯応えが残る程度の茹でが良く、しっとりとしていてイイ箸休め。ゆづピールは爽やかな和の柑橘の風味が添えられてイイ。刻みネギの薬味は良好に効いている。

スープ完飲。松本のゲンバ仕事での昼ラーに突撃した私的鉄板店での「煮干し醤油そば」。それは「魚介のソーサラー(魔術師)」らしく煮干しのエグミ、ニガミを排してのクリアーな旨味を引き出した出汁感と、濃口醤油のキレのあるコクが理想的に融合した一杯で実に美味かった。しなやかな喉ごしのある麺も印象的。こうなればもう一方の「背脂煮干し醤油そば」をイッテみたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 91件

コメント

まだコメントがありません。