なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「豚骨ラーメン ※麺:カタ&葱:多め」@豪堅ラーメンの写真9月某日、夜、本日は松本でのゲンバ仕事を私用で早めに上がり帰宅する。本日もヨメは東京の娘1号のところに遊びに行っていないからして、ひとり楽しく夜ラーに。突撃したのはこちらの店。

昨年9月にオープンした割と家チカにある「京都ラーメンインスパ」とも言えるラーメン店。通し営業で店員がなかなか威勢も良く、ガッツリ派にもイケる各種セットも充実している。

19:05着、先客20名くらい、カウンター席に着座、後客6名。取りあえずメニュー検討、今回は豚骨大好き「豚野郎」として以前より気になっていた“豚骨ラーメン”(670円税別)をイッテみたい。この品、麺の硬さ、葱の量が選べるからして、それぞれ「カタ」、「多め」でイク。

こちらの店、何でもオープン一周年記念という事で、空くじなしの抽選を実施している模様。後で会計時に引いてみる。ところで、今回の一杯、「特製辛味噌だれが効く」という事で、メニュー写真で見ると辛味噌が付いている。「豚骨」でデフォで付いているのはチョイと珍しい。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、モヤシ、辛味噌、「多め」とした刻みネギが、豚骨スープに乗っている。

スープから。油浮き少な目の豚骨スープはシャバッとしたサラリスープで、我が駄舌では炊き出し感を感じない、所謂ケミカル豚骨のテイスト。もしかしたら浮いた油の質感からも豚骨スープの素を使っているかもしれん。カエシダレの塩分濃度はやや高め、課長のウマミも効いている。取りあえず「豚野郎」としては好みの味ではある。

早期に件の辛味噌を溶いて再びイク。チョイとニンニクの効いた辛味噌のスパイシーがシャバ系豚骨に拡がり、旨味のあるプチ・スパイシー豚骨テイストに。この辛味噌、イイのである。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。中加水の麺で、所謂博多麺では無い。茹で加減硬めが良く、ツルモチとした食感がイイ。こちらも安曇人が食い慣れた「山崎製麺」と思われ、安心の味わいがある。

具のチャーシューは好みの豚バラロールチャーシュー、薄味付けが良く、豚肉のジューシーな旨味が味わえる。こちらのチャーシューは美味いのである。モヤシはシャクシャク。刻みネギは青ネギで爽やかなネギ薬味感が出ている。「多め」が選択出来るのがネギ好きにはアリガタイ。

スープ完飲。松本のゲンバ仕事で昼ラーに「麺肴 ひづき」で食ったが、帰宅後の夜ラーにも突撃したこちらの店での「豚骨ラーメン」。それはほとんど炊き出し感の感じられないおそらく業務用豚骨スープの様な(間違っていたらゴメンナサイ)ケミカル豚骨テイストの一杯。チャーシューがかなり美味く、また辛味噌もイケるが、「豚野郎」としてはビミョーである。会計後のくじでは「辛子高菜」が当たった。ビミョーである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

コメント

まだコメントがありません。